ワードプレスで404エラーが出た時の対処法

ワードプレスで404エラーが出た時の対処法のメイン画像 PC全般

ワードプレスを始めたばかりの頃、急に404エラーが表示されてかなり焦ったことはありませんか?

私の場合は、投稿ページが急に404エラーになり、書いていた記事が見れなくなり非常に焦りました。

そこで、この記事では、私のように404エラーが表示された場合に、どう対処するべきかについて紹介していきます。

404ページとは?

ワードプレスで404エラーが出た時の対処法のメイン画像

404エラーとは、上記のように404ページが表示されて、ページが上手く表示されなくなることです。

ちなみに、Google Search Console ヘルプによると、「404 ページとは、ユーザーがサイト上で存在しないページにアクセスしようとした(無効なリンクをクリックした、ページが削除されている、URL を間違えて入力したなど)ときに表示されるページのことです。404 ページのカスタマイズ)」と記載されていました。

つまり、上手くページが表示されない理由には、下記の3つが関係しています。

  • 無効なリンクをクリックした
  • ページが削除されている
  • URL を間違えて入力した

そのため、404エラーが起きた時には、これらの問題を解決することでページがしっかり表示させることが出来ます。

404エラーの対処法

ここでは、私が実際に行なって復活した方法をご紹介します。

まず、ワードプレスの「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。

パーマリンクの設定のキャプチャー画像

次に、パーマリンクの設定の画面に移るので、設定を変えずにページの下にある「変更を保存」をクリックします。

パーマリンクの設定のキャプチャー画像

上記を作業を行なった後、404エラーが表示されたページを再度開き、スーパーリロード※1を行います。
※1 ブラウザのキャッシュを無視して、Webから最新のデータを読み込む機能のこと

スーパーリロードの方法は、お使いのパソコンによって異なります。

  • MACの場合:Command+R
  • Windowsの場合:Ctrl+F5

たったこれだけです。

私の場合は、これで表示されるようになりました。

補足

もし、上記の方法でも復活しない場合は「.htaccess」を修正する必要があります。

エックスサーバーを利用されている方は、「ファイルマネージャー」やFTPソフトからワードプレスをインストールしたフォルダに入ります。

その中から、「.htaccess」のフォルダを見つけて開きます。

そして、リライトルールを下記に設定しましょう。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress
404エラーが解決しているのを確認すれが、作業完了です!

まとめ

いかがでしたか?

404エラーは解決しましたか?

ワードプレスを思わぬエラーが起きますが、落ち着いて対応すれば解決します。

焦らず、じっくり取り組んで対応しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました