たった5分でわかるメルカリの仕組み

メルカリの仕組みをたった5分で理解したい方はこれを見ればわかるのメイン画像 メルカリ

CMの影響もあり、周りの中の1人は利用しているといっても過言ではないメルカリ。

でも、いざ始めようと思ってもどんな仕組みかわからずに思いとどまっている方は多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、メルカリ歴4年以上の私がメルカリの仕組みについて紹介していきます。

メルカリのお金の仕組み

まず、これからメルカリを始めようと思っている方に第一に伝えたいことから紹介します。

それは、メルカリでは出品者と購入者の間にメルカリが仲介する仕組みなので、商品の売買のやりとりを安心して行えるということです。

下記の図を見ると、よりイメージが湧くと思います。

画像引用元サイト:安心・安全な取引のために

この図だけだとわからないことも多いと思いますので、少し補足しますね。この画像を説明すると次の通りです。

  1. 購入者がお金を支払う
    (メルカリが商品代金を一時的に預かる)
  2. メルカリが出品者にお金が支払われた旨の通知を出す
  3. 出品者が購入者に商品を発送する
  4. 購入者が届いた商品を確認し、受取評価を行う
    (メルカリが仲介に入り、出品者も評価を行うまで商品代金はメルカリが預かる)
  5. メルカリが出品者にお金を支払う

つまり、メルカリが双方の仲介に入っているため、取引が完了するまでお金が相手に渡ることはありません。 ちなみに、この第三者が仲介して取引を行う仕組みを「エクスロー方式」と言います。

しかし、この方式を取っているため私たち利用者はメルカリに仲介手数料として商品代金の10%を支払っています。

ただし、この方式を取ることで「お金を払ったのに商品が発送されない」などのお金に関するトラブルを防ぎ、安全に利用出来ているのも事実です。

メルカリの取引全体の仕組み

メルカリのお金の仕組みがわかったところで、続いて実際にメルカリを行う時にどのような仕組みで取引を行うのかを紹介していきます。

メルカリの流れを基に、ここでは次の項目に分けて説明をしていきます。

  • 商品を出品する(出品者)
  • 商品を購入する(購入者)
  • 商品を発送する(出品者)
  • 受取評価をする(購入者)
  • 評価する(出品者)

メルカリの出品者と購入者の立場別に説明していきますので、早速見ていきましょう。

商品を出品する(出品者)

メルカリを始めたら、商品を出品します。

出品方法は非常に簡単で次の3ステップで行うことが出来ますよ。

  1. 写真を撮影する
  2. 商品の情報を入力する
  3. 出品する

なお、出品方法については下記の記事でかなり詳しく説明をしていますので、併せて確認しておきましょう。

商品を購入する(購入者)

メルカリで気になる商品を見つけたら、その商品を購入しましょう。

そして、現在メルカリで商品を購入する際の支払い方法には大きく分けて次の6種類があるので、この中から好きな方法を選択しましょう。

  • クレジットカード払い
  • 売上金支払い
  • コンビニ払い
  • キャリア決済
  • ATM支払い
  • メルカリ月一支払い

商品を発送する(出品者)

商品が購入されたら、商品を発送しましょう。

メルカリでは、商品を発送する方法として下記の10個があります。この中から自分に商品に適した配送方法を選択しましょう。

受取評価をする(購入者)

商品が届いたら、商品を確認して受取評価を行う必要があります。

この時、必ず商品の中身を確認してから受取評価をしてください。

なぜなら、仮に、届いた商品が実際に購入しようと思っていた商品と異なる場合や記載していなかった傷や汚れがひどい場合でも一度受取評価を行ってしまうと正式に取引が完了したことを意味するからです。

そのため、事前にしっかり商品を確認してから受取評価を行うことをお勧めします。

評価する(出品者)

購入者に受取評価をされると、次は出品者が購入者を評価する番です。

今回の取引がどうだったのかを評価しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

これでメルカリの仕組みがわかりましたね。

もし、あなたがこれからメルカリを始める場合は、招待コード「bDx542」を入力して始めましょう。最大で10,000円分のポイントを獲得することが出来ますよ!

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

また、パソコンから利用される方は、下記から始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました