メルカリで相手を評価する方法【出品者編】

メルカリで相手を評価する方法【出品者編】のメイン画像 メルカリ

メルカリで取引の最後に行う大切な作業が「評価」です。

この評価が終われば、一連の取引が完了します。

しかし、「初めてでどのような手順ですれば良いかわからない」「どういう評価をすれば良いかわからない」など悩むこともあると思います。

そこで、この記事では、出品者の立場から評価の流れを説明していきます。

メルカリで相手を評価する方法【出品者編】

出品者の場合、

  • 商品が購入される
  • 商品を発送する

という作業を行いますよね。

その後は、購入者から受取評価を待ちます。ここでは、その後の流れについて写真付きで説明をしていきます。

購入者に受取評価される

受取評価がされると、下記の写真のように「アプリのプッシュ通知」と「メール」が届きます。

受取評価されましたの通知画像

メルカリを開く

届いた「プッシュ通知」をクリックして、メルカリを開きます。

そして、右上の「やることリスト」をクリックします。

メルカリのトップページのキャプチャー画像

そうすると、下記の写真ように、次のような文言が表示されています。

購入者が「商品名」を受取りました。○○(ユーザー名)さんの評価をして、取引完了してください

メルカリのやることリストのキャプチャー画像

ですので、その文言の部分をクリックします。

評価をする

ここまで来たら、下記の画面になっているはずです。

評価をしてくださいのキャプチャー画像

後は、

  1. 「良い」「普通」「悪い」
  2. 評価のコメント
  3. 購入者を評価して取引完了する

を順番に入力していきましょう!

メルカリで評価をする時のキャプチャー画像

「良い」「普通」「悪い」

メルカリの評価は、基本的に普通に取引が出来た場合は「良い」評価にする風習があります。

そのため、私は下記のように3つの評価を分けて使用しています。

  • 「良い」:スムーズに取引が出来た場合
  • 「普通」:取引中に小さなトラブルが起きた場合
  • 「悪い」:取引中に大きなトラブルが起きた場合

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、小さなトラブルは、

  • 連絡を返してくれなくて不安だった
  • なかなか支払いをしてくれなかった
  • 早く発送してと急かされた

など。

そして、大きなトラブルは、

  • 相手の勝手な言い分でキャンセルや返品を希望された
  • 細かいことを要求してきた
  • メッセージで暴言や不快な言動を吐かれた

などです。

評価のコメント

ここは、最近では「ユーザー名」を入力するだけの方が増えています。

恐らく考えるのが面倒なので、このような方が増えていると思います。

実際に、私の評価の約8割の方が「ユーザー名」のみで評価をしています。

ただ、本当に良いと思った人には、その思いを素直に伝えましょう。実際に、そのようなコメントをいただくと非常に嬉しいですし、他の人が評価を見たときに信頼を得ることが出来ます。

購入者を評価して取引完了する

ここは、クリックするだけです。

すると、「購入者を評価して取引を完了しますか」と確認されますので、問題なければ「はい」をクリックします。

この作業を行うと、問題なく取引が完了したことを意味します。問題が起こった時は、受取評価をせずに、相手と相談もしくはメルカリ事務局に連絡しましょう。

購入者の評価のキャプチャー画像

この画面が表示されたら、取引完了です!

取引が完了しましたのキャプチャー画像

まとめ

いかがでしたか?

これで、出品者が評価をする流れはわかりましたね。

あと、もし、良い方に巡り合ったら素直に良い評価をしてみると良いですよ。きっと喜ばれること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました