メルカリで複数アカウントを絶対に作成してはいけない理由まとめ

メルカリで複数アカウントを絶対に作成してはいけない理由まとめのメイン画像 メルカリ

メルカリを利用していると、

  • 購入用と出品用でアカウントを分けたい
  • 使用していたアカウントが利用制限になり、新しいアカウントを作成したい
  • 売上をもっと上げたい

などの理由から、複数アカウントの作成を検討している方は多いのではないでしょうか?

しかし、メルカリで複数アカウントを作成する行為は禁止されています。

そこで、この記事では、メルカリで複数アカウントを所持してはいけない理由をまとめました。ぜひ、参考にしていただければと思います。

メルカリ利用規約に複数アカウントの作成禁止と記載されている

メルカリでは、利用規約に複数のユーザー登録をすることが出来ないと明記されています。

2.複数登録の禁止

ユーザーおよびユーザー登録をされようとする方(以下併せて「ユーザー等」といいます)は、複数のユーザー登録を行うことができないものとします。

情報引用元サイト:メルカリ利用規約

そのため、万が一、あなたが複数アカウントを作成しているのがメルカリ事務局に判明すると、罰則を受けることになります。

その罰則は、なんと無期限の利用停止という非常に重いものです。

このように複数アカウントの作成はデメリットが大きすぎますので、絶対にやめておきましょう!

複数アカウントが禁止されている理由

複数アカウントを所持していると、悪用することが出来ます。

そのため、メルカリにとっては、複数アカウントを所持しているだけで不正行為を行う可能性がある危険なユーザーだと判断してしまいます。

そこで、ここでは、「複数アカウントはどのように悪用される可能性があるのか」について説明をします。これを理解することで、なぜ複数アカウントが禁止されているのかを理解することが出来ますよ。

取引実績を量産することが出来る

複数のアカウントを所持しているので、自作自演で取引を行うことが出来ます。

それにより、大量の取引実績を稼ぐことが出来ます。また、自分で自分の評価を行うため「良い」評価を量産し、信頼感のある出品者と思わせることが出来てしまうのです。

ポイントを不正に得ることが出来る

メルカリには、新規ユーザーを招待すると、最大10,000円分のポイントが当たるくじ引き券を取得することが出来ます。

これは、あなたとその新規ユーザーの両方に適用されます。

しかし、このくじ引き券を取得するには、既にメルカリを利用しているユーザーにつき1つしか持っていない自分専用の招待コードを新規にユーザーに伝える必要があります。ですが、複数のアカウントを持っているユーザーは、招待コードを複数持っているので、自作自演でくじ引き券を取得することが出来ます。

ちなみに、招待くじを引くことで得られるポイントは、下記の通りです。ハズレはないため、必ず最低50ポイントは手に入ります。

  • 50円分ポイント
  • 100円分ポイント
  • 300円分ポイント
  • 1,000円分ポイント
  • 10,000円分ポイント

また、招待した側と招待された側の両方にこのポイントは付与されるので、最低100円分ポイント。さらに、招待した新規ユーザーが30日以内に商品が売れるとお互いに追加でもう1枚くじ引きを取得することが出来るので、この場合は最低200円分になります。

つまり、複数アカウントを所持していると、このポイントを不正に得ることが出来るので詐欺と同じ行為だと言えるでしょう。

気に入らないユーザーを攻撃することが出来る

メルカリは民度が低いと言われますが、実際にやり取りをしていると下記のようなユーザーに遭遇することもあります。

  • コメント逃げをする
  • 失礼な質問をしてくる
  • ATM 支払いで購入して支払わない
  • 暴言を吐く

このようなユーザーの報復として、もう1つアカウントし、そのアカウントから攻撃をするという方法があります。

もともと、捨てアカウントとして作成されているので、仮にそのアカウントが利用停止されても利用者にとっては全く問題がありませんよね。

ここでは、3つの悪用方法について紹介してきました。したがって、複数アカウントがあれば、悪用し放題ということがわかっていただけたと思います。

このことを知っていると、メルカリが無期限の利用停止にするのも納得ですよね。

なぜ複数アカウントが存在するのか?

メルカリを利用していると、全く同じ写真を使用し、複数アカウントを所持していそうな人がいますよね。

その方は、どのように作成したのでしょうか。

実は、メルカリでは、禁止されていますが複数アカウントの作成自体は可能です。ただし、以下の情報の全てが現在のアカウントに使用しているものと異なる必要があります。

  • 電話番号
  • メールアドレス
  • スマホ・タブレット
  • 銀行口座

現状メルカリを使用しているスマホやタブレットを使用するとIP番号が同じなので、同一人物とバレる可能性があります。そのため、新しい端末を用意する必要があります。また、銀行口座については、名義とメルカリに登録している名前が一致しないと売上金が引き出すことが出来ない仕組みになっています。

このように、抜け道で複数アカウントの作成は可能ですが、これは、実質、第三者のアカウントを使用しているのと同じです。

メルカリ利用規約にも、次のように第三者の使用はしてはいけないとしっかり記載されています。

8.アカウント情報の不正利用等

アカウント情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザーが負うものとし、弊社は一切責任を負わないものとします。また、アカウント情報が不正に利用されたことにより弊社に損害が生じた場合、ユーザーは当該損害を賠償するものとします。

情報引用元サイト:メルカリ利用規約

そのため、絶対に複数アカウントを作成しないようにしましょう!

【補足】一度利用停止になったアカウントを再開することは出来るのか?

残念ながら、一度利用停止になったアカウントは再開することが出来ません。

なぜなら、メルカリは、一度利用停止したアカウントの情報をブラックリストとして保管しています。そして、その人が再登録・再利用をすることを防いでいます。

そのため、利用停止になってからでは遅いのです。

利用停止になる前に、しっかりルールを守って利用することが大事なのです。

まとめ

いかがでしたか?

身近に複数アカウントの取得を考えている人がいたら、止めるように説得しましょう。

みんなでルールを守って、快適なメルカリライフを送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました