メルカリで着払いの商品を購入しない方が良い4つの理由

メルカリで着払いの商品を購入しない方が良い4つの理由のメイン画像 メルカリ

メルカリには、たくさんの配送方法があり、どれを選ぶかは出品者の自由です。

しかし、もし、あなたが「着払い」の商品の購入を検討しているのであれば、購入前に一度この記事を読んで検討していただきたいです。

なぜなら、着払いは、メルカリボックスにたくさんのトラブルが掲載されている要注意の発送方法だからです。

そこで、この記事では、着払いの商品を購入しない方が良い理由を紹介します。

送料が別途必要

まずは、基本的なことからお伝えします。

着払いは、商品代金に加えて、別途送料を負担する発送方法です。

そのため、商品を購入した後に、再度荷物を届けてくれた配達員に料金を支払わないといけません。

2度も支払うのは、なんか損をした気持ちになりますよね。実際、次で紹介するように損をすることも多いので購入者負担の商品を買うことをお勧めします。

梱包次第で送料が大きく変わる

着払いで一番気を付けないといけなことは、送料が出品者に委ねられることです。

なぜなら、配送会社や荷物の大きさによって値段が大きく値段が変わります。

例えば、親切な方だとコンパクトに梱包して500円で送れる商品も、面倒臭がりの出品者だと大きな箱で送り、1,000円以上かかる可能性も十分にあるのです。

それに加えて、配送会社や荷物の大きさを教えてもらわない限り、商品が届くまで送料がいくらなのかわからないという不安も付いてきます。

配達員に直接会わないと商品を受け取れない

着払いは、忙しい方にもお勧め出来ません。

なぜなら、荷物を届けに来てくれた配達員に送料を直接支払わないといけないからです。

また、宅配ボックスが付いている家の方も「送料込み」であれば商品を入れてくれますが、「着払い」では入れてくれません。

そのため、着払いは、忙しくて家にいないことが多い人にとって不都合な配送方法です。

住所が相手にバレてしまう

現状、メルカリで着払いで商品を発送する場合は、全て相手に住所がバレてしまう方法しかありません。

ですが、メルカリでは、「ゆうゆうメルカリ便」「らくらくメルカリ便」といったメルカリ独自の配送方法を利用することで匿名で商品を配送することが出来ます。

これらの配送方法を使用することで、

  • 宛名書き不要
  • 全国一律価格
  • 配送補償付き

で商品を配送することができます。

配送料金も他の配送方法と比べてそこまで変わらないので、これらの配送方法で送ってくれるように出品者に頼む方が安心に取引が出来ますよ。

まとめ

いかがでしたか?

着払いの商品の購入を考えている方は、「値上げをしていただいて結構ですので、送料込みにしてもらえませんか?」とコメントしてみましょう。

これに応じてくれる出品者であれば、より安心して取引が出来るようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました