これを見れば絶対わかる!メルカリの出品の仕方を紹介

【初心者必見】メルカリの出品の仕方を徹底解説!のメイン画像 メルカリ

最近CMの影響でさらに人気を集めている「メルカリ 」。

今では、月間1,000万人以上の方が利用している爆発的な大ヒットをしているフリマアプリです。

私自身も普段からよく利用させていただいていますが、日用品や衣類、ブランド商品でさえ、お店に持っていくよりかなり高く売ることが出来ます。

ただし、興味はあるもののどのように出品するのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではこれまで100以上の取引をしてきた筆者が、メルカリの出品方法について詳しく説明していきます。

まだ、メルカリのアプリをダウンロードしていない方は、招待コードの「bDx542」を入力してダウンロードを行なってください。最大で10,000円分のポイントが当たる可能性がありますよ。

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

そして、メルカリをパソコンで利用したい方は、下記をクリックして始めましょう。


商品写真を選択する

メルカリで出品する上で、商品写真は非常に重要です。

なぜなら、メルカリで商品を検索した場合、ユーザーは1枚目の写真しか見ることが出来ません。そのため、1枚目の写真でその商品を見るかどうかを判断するため、商品写真は売上に大きく左右するからです。

商品写真の設定は非常に簡単です。メルカリを開き、右下の「出品ボタン」をクリックします。

出品のキャプチャー画像

「出品ボタン」をクリックすると、下図のように商品写真をどのような方法でアップするかを選択をします。

メルカリ商品画像のキャプチャー画像

アップ方法は、次の4通りです。

  • 写真を撮る:スマホのカメラを使用して撮影するだけで商品写真が撮れる一番簡単な方法です。
  • ギャラリーから選択:あらかじめ商品の写真をスマホで撮影している場合は、ここをクリックして対象の写真を選択してください。
  • バーコードで出品(本など):本などバーコードの付いている商品を出品する場合には、ここをクリックしてバーコードを撮影してください。すると、商品名や商品の説明がメルカリのシステムにより自動的に入力されます。
  • 下書き一覧へ:こちらは、一度商品を出品しようと思い、途中で下書き保存にしていた方が対象です。そのため、関係のない方がほとんどだと思いますので、スルーしていただいて問題ありません。このボタンをクリックすると下書き保存した状態から再度出品の手続きが出来ます。

上記の中から自分に適した方法を選択し、可能な限り良い写真を載せるように意識しましょう。

この商品写真は、1枚は必ず掲載しないといけません。また、Androidは4枚までしか掲載出来ないので写真を厳選して掲載しましょう。なお、2017年12月12日より、iPhoneとWEB版を利用しているユーザーは10枚まで掲載出来るようになりました。

ちなみに、よく売れている人の商品写真を見ると、「Amazon」のように商品がシンプルかつ綺麗に見えるように撮られています。慣れてきたら、画像ソフトなどを使用して商品写真にもこだわっていきましょう!

商品名と説明を入力する

続いて、商品の情報を入力していきます。

ちなみに、商品の情報は、下記の画像のように、

  • 商品名(必須):40文字以内
  • 商品の説明(任意):100文字以内

を入力していきます。

一応どんな風に書けば良いのか例示が書かれていますが、それだけだと正直わかりずらいです。

そのため、それに加えて今までの私の経験を基にどのような情報を入力すれば良いのかを紹介していきます。

商品名と商品説明のキャプチャー画像

商品名

商品名は、必ず入力しないといけません。

最近では、メルカリの機能がどんどん改善されており、ルイヴィトンなどの有名な商品の写真を撮影すると自動的に商品名が入力されるようになっています。

しかし、まだ自動的に入力される商品名が間違っていたり、表示されない場合もあります。その場合は、下記を参考に商品名を決めることをお勧めします。

  • 型番商品:ブランドやメーカーが出している商品など

例)「ルイヴィトン 財布 ダミエ」「ナイキ エアマックス95」など

  • オリジナル商品:独自開発や手作りの商品など

例)「韓国ファッション」「みかん 10kg」など

商品の説明

商品の説明は、商品名と異なり任意です。

そのため、情報を全然入力しないで出品していただいても大丈夫ですが、可能であれば先ほどの画像に入力されていた通り、下記のような情報を入力しましょう。

  • 素材
  • 重さ
  • 定価
  • 注意点など

なぜなら、情報が少ないとコメントで追加の情報を求められることが多々あり、余計に時間がかかります。私は衣服の販売がほとんどですが、下記は今まで聞かれた質問をピックアップしました。

  • 身長
  • 体重
  • サイズ感
  • 肩幅
  • 着丈
  • 袖丈
  • ウエスト
  • 股下
  • ネクタイの剣先
  • 購入金額
  • 購入した時期
  • 使用期間
  • 破れや汚れの有無と場所

これらの情報を基に、衣服を販売する場合でテンプレートを作って見ると、次のようになります。

この○○(ジャケットなどの商品名)は、○○年○○月に○○円で購入しました。

【使用感がある場合】
○年間使用していたので、使用感はありますが、まだまだ着用可能です。また、袖に汚れがあるので神経質な方はご遠慮ください。

【あまり使用していない場合】
購入してからほとんど着用していないので、状態良好です。

【まったく使用していない場合】
購入後、使用しておらず新品同様です。

○(S・M・Lなど)サイズで、詳細は下記の通りです。

着丈:○○cm
袖丈:○○cm
肩幅:○○cm

身長○○cmの私でちょうど良いサイズ感です。生地が厚くて暖かいので、これからの時期にお勧めです。

そのほかに、ご不明なことがございましたらお気軽にご質問ください。

上記は、衣服の例ですが、その他の商品でもこのように質問が来そうな内容をあらかじめ商品の説明に入れておくことをお勧めします。

3.商品の詳細を入力する

先ほどの商品名と説明を入力したら、次に商品の詳細(下記の2つ)を選択していきます。

  • カテゴリー(必須)
  • 商品の状態(必須)

非常に簡単ですので、サラッと紹介していきますね。

商品の詳細のキャプチャー画像

カテゴリーを選択する

カテゴリーをクリックし、自分の商品に適したカテゴリーを下記の中から選択します。

この時に、カテゴリー検索に直接「レザー」など商品名を打ち込むことですぐに対象のカテゴリーが見るかるのでお勧めです。

カテゴリー一覧のキャプチャー画像1

カテゴリー一覧のキャプチャー画像2

次に、商品の状態を下記の6つから選択します。

  • 新品、未使用
  • 未使用に近い
  • 目立った傷や汚れなし
  • やや傷や汚れなし
  • 傷や汚れあり
  • 全体的に状態が悪い

実際には、下記の画像のように表示されています。

商品の状態のキャプチャー画像

配送情報を入力する

ここまで来たら出品までもう一息です。

ここでは、配送の際に必要な下記の情報を入力していきます。

  • 配送料の負担
  • 配送の方法
  • 発送元の地域
  • 発送までの日数

配送についてのキャプチャー画像

配送料の負担

配送料の負担には、次の2つがあります。

  • 送料込み(出品者負担)
  • 着払い(購入者負担)

2つ選択肢がありますが、今までメルカリで購入した時に「着払い」で支払ったことはありません。ほとんどの方が「送料込み」で出品しているので、こちらをメインで説明をしていきます。

まず、送料込み(出品者負担)をクリックします。

配送料の負担のキャプチャー画像

配送の方法

かなりたくさん配送方法があって迷われる方が多いと思いますが、今から始めるのであれば基本的に次の2つで大丈夫だと思います。

  • らくらくメルカリ便
  • ゆうゆうメルカリ便

なぜなら、これらの発送方法を使用することで相手に住所を伝えることなく商品の受け渡しが出来るからです。ただし、ゆうゆうメルカリ便は日時及び時間指定が出来ませんので、ご注意ください。

ちなみに、下記が配送の方法の一覧です。

配送の方法のキャプチャー画像1

配送の方法のキャプチャー画像2

今後、各発送方法の料金やらくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便での発送方法も書いていきますね。

発送元の地域

ここは、あなたが商品の発送元の地域を選択するだけです。

発送元の地域のキャプチャー画像

発送までの日数

発送するまでに要する日数を下記から選択しましょう。

  • 1〜2日で発送
  • 2〜3日で発送
  • 4〜5日で発送

楽天やアマゾンなどの大手のネットショッピングでも購入したら明日に届くこともあるので、可能な限り早く発送してあげると喜ばれますよ。

ただし、指定した日数以内に発送がなく、購入者がメルカリの運営局に連絡すると早く配送してくださいと催促されるので自分が対応できる日数を選択しましょう。

発送までの日数のキャプチャー画像

【補足】着払い(購入者負担)の場合

念の為、着払い(購入者負担)についても少し触れておきますね。

着払いの場合は、下記の4種類から選択出来ますので、購入者と相談して発送するのが良いかと思います。

  • 未定
  • クロネコヤマト
  • ゆうパック
  • ゆうメール

配送の方法のキャプチャー画像3

補足ですが、個人的に着払いをあまりお勧めしていません。その理由については下記の記事で詳しく説明をしています。

販売価格を設定し、出品完了

いよいよ大詰めです!

出品する商品の販売価格を設定しましょう。

ただし、販売価格を設定する際に次の2点を考慮して価格を設定しましょう。

  • 販売手数料:10%
  • 送料

例えば、ゆうゆうメルカリ便(60サイズ)で5000円のジャケットを販売する場合は、

5,000円×10%=500円

の販売手数料をメルカリにお支払いしなければなりません。また、ゆうゆうメルカリ便(60サイズ)は600円かかります。

  • 販売手数料:500円
  • ゆうゆうメルカリ便(60サイズ):600円

つまり、実際に出品者が得られる金額は、

5,000円-(500円+600円)=3,900円

です。

初めて出品する場合は、販売価格を設定するときは下記の画像のように表示されるので、特に送料のことを忘れがちなので気をつけましょう!

販売価格が決まれば「出品する」をクリックして、出品を完了させましょう。

販売価格のキャプチャー画像

出品が完了すると「新着」に出品した商品が表示されます。

出品完了のキャプチャー画像

まとめ

いかがでしたか?

これでメルカリの出品は大丈夫ですね。

この記事を読んでメルカリを始められそうと思った方は、招待コード「bDx542」を入力して始めましょう。この招待コードを入力してメルカリを始めると、最大で10,000円分のメルカリポイントを得られるくじを引くチャンスを得ることができますよ。

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

ちなみに、メルカリをパソコンで利用したい方は下記をクリックして始めましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました