メルカリで相手を評価する方法【購入者編】

メルカリで相手を評価する方法【購入者編】のメイン画像 メルカリ

メルカリで購入した商品が到着したら「評価」をしないといけません。

しかし、メルカリ初心者の方にとっては、初めてのことでどのようにしたら良いかわからないと悩んでしまいますよね?

そこで、この記事では、購入者の立場から評価の流れを説明していきます。

メルカリで相手を評価する方法【購入者編】

出品者の場合は、相手が受取評価をした後に評価を行います。

しかし、購入者の場合は商品が届いて中身を確認してから自分から評価を行わないといけません。そのため、メルカリ初心者の方には、この作業を忘れてしまい相手に迷惑をかけてしまうことがありますよ。

ですが、評価する方法は非常に簡単ですので、ご安心ください。

やることリストを開く

届いた商品を確認した後、メルカリを開いて、右上にある「チェックマーク」をクリックしましょう。

そして、下記のような文言が表示されている部分をクリックしてください。

○○(出品者のニックネーム)さんから「○○(商品名)」が発送されました。届いたら内容を確認して、受取評価をしてください

メルカリの届いたら内容を確認して、受け取り評価してくださいのキャプチャー画像

評価をする

すると、「受取評価をしてください」という画面が表示されます。

ちなみに、配送方法がゆうゆうメルカリ便やらくらくメルカリ便の場合は、下記のように「配達済み」などの配送状況を見ることが出来ます。

メルカリ購入者の受取評価してくださいのキャプチャー画像

このページを下にスクロールすると、下記の3つが表示されます。

  1. 商品の中身を確認しました
  2. 「良い」「普通」「悪い」
  3. 評価のコメント

これらを入力していくことで評価が完了します。

メルカリの購入者の受取評価のキャプチャー画像

商品の中身を確認しました

受取評価をする前に、届いた商品の状態を確認しましょう。

  • 注文した商品を異なる商品が届いた
  • ブランド商品を購入したら偽物が届いた
  • 商品が壊れて届いた

上記のように商品に何か問題がある場合には、評価をせずにメルカリ事務局に問い合わせを行い指示を待ってくださいね。

もし、トラブルが起きている状態で評価を行ってしまうとその正式に取引が完了したこと意味します。つまり、取引完了後にメルカリ事務局に問い合わせても対応してくないので、絶対に評価をしてはいけません。

商品に問題がなければ、「商品の中身を確認しました」にチェックを入れましょう。

メルカリの商品の中身を確認しましたのキャプチャー画像

このチェックを入れることで、初めて「評価を投稿する」ボタンをクリックすることが出来るようになります。

「良い」「普通」「悪い」

メルカリの評価は、暗黙の了解で取引を通常通り行うことが出来たら「良い」評価にします。

そのため、基本的には「良い」評価で良いと思いますが、私は下記のように3つの評価を使い分けています。

  • 「良い」:スムーズに取引が出来た場合
  • 「普通」:取引中に小さなトラブルが起きた場合
  • 「悪い」:取引中に大きなトラブルが起きた場合

小さなトラブルは、例えば下記のようなものです。

  • 連絡を全然返してくれなくて不安な取引だった
  • 商品をなかなか発送してくれなかった
  • 梱包が雑だった

そして、大きなトラブルには、例えば下記のようなものがあります。

  • 梱包が雑で商品が壊れてしまった
  • 偽物の商品が届いた
  • メッセージで暴言や不快な言動を吐かれた

評価のコメント

最近では、評価のコメントに、メルカリの「ユーザー名」を入力するだけの方が増えてきています。

そのため、

  • 梱包が丁寧だった
  • 迅速に対応してくれた
  • おまけの商品をくれた

などのように嬉しかったことを記載しておくと相手に喜んでもらうことが出来ます。感謝の気持ちを伝えることで、今度は出品者の人が自分の商品を購入してくれるということなんかもありますよ。

メルカリの受取評価をしましたのキャプチャー画像

まとめ

いかがでしたか?

たかが評価ですが、されど評価です。

取引相手の信用を左右するほど重要ですので、しっかり記入しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました