身を守るために覚えておきたいメルカリでブロックする方法

身を守るために覚えておきたいメルカリでブロックする方法のメイン画像 メルカリ

メルカリを利用していると、思わぬトラブルが起きてしまうことがあります。

そんな時に覚えておきたいのが、ブロック機能です。

メルカリには、いろんな機能がありますが、これを覚えているだけで、メルカリを安心かつ快適に使用出来ると言っても過言ではありません。

そこで、ここではブロック機能について詳しく説明をしていきます。

ブロック機能とは?

メルカリガイドによると、ブロック機能とは、指定した会員からの購入・コメント・いいね!を制限することができる機能です。ブロック機能とは?

しつこい嫌がらせを受けた場合などに行うことで、自分の身を守ることが出来ます。

ただし、現状、ブロックを行なっていても取引中のメッセージは継続して行うことが出来てしまいます。そのため、怖いメッセージが来た時などは迅速に事務局に連絡することをお勧めします。

ブロックをされると、商品の購入は出来なくなりますが、閲覧や通報はすることは出来ます。

ブロック機能はどのような時に使用するの?

ブロック機能は、どのような時に使用するか迷いますよね。

そこで、メルカリガイドから皆さんがどのような時に、ブロックしているのかを下記に書き出してみました。

  • 言葉遣いが悪い人
  • 何度も値下げを要求する人
  • 購入した後にキャンセルする人
  • コメント逃げした人
  • 取引中にトラブルがあった人

要するに、通常通りに取引をすることが出来ない方に対して行うのが一般的です。

一般的には、このような行為をされた場合はブロックをしても仕方がないと言えるでしょう。

事務局に報告する方法

実は、メルカリでは、嫌がらせや荒らしなどの迷惑行為をされた場合には、「不適切な商品の報告」や「コメントの報告」より報告してくださいと記載があります。

嫌がらせ・荒らし行為をされた

このたびは、ご不快な思いをおかけしており、申し訳ございません。

事務局にて確認させていただきますので、対象商品ページの「不適切な商品の報告」や「コメントの報告」よりご報告ください。

事務局で不適切と判断した場合、該当コメントを非公開等にさせて頂きます。

※事務局で判断が難しい場合、コメントの非公開はできかねますので、ご了承ください。

情報引用元サイト:嫌がらせ・荒らし行為をされた

嫌がらせをされた時に、ブロックを行うことは一つの対処法です。

しかし、利用者のみんながより快適に利用するためには、

  • 「コメントの報告」
  • 「不適切な商品の報告」

で事務局に通報することも大切です。

ですので、各方法について説明をしていきます!

「コメントの報告」から事務局に通報する方法

事務局に通報する場合は、この方法で行うのが簡単でおすすめです。

まず、嫌なコメントがされた商品のページにアクセスします。嫌とは思いますが、少しの辛抱なので我慢してください。

そして、「全てのコメントを見る」をクリックしてください。

すべてのコメントを見るのキャプチャー画像

すると、右上に「旗マーク」が表示されますので、そこをクリックします。

コメントのフラグのキャプチャー画像

  • コメント削除
  • 事務局へ報告

の2つが表示されますので、「事務局へ報告」をクリックします。

事務局へ報告のキャプチャー画像

そうすると、相手のコメントの右側に「報告ボタン」が表示されます。後は、対象のコメントの「報告ボタン」をクリックして、事務局に報告しましょう。

報告のキャプチャー画像

コメントを削除する方法

事務局に報告した後に、併せてしておきたいのがコメントの削除です。

不快なコメントを二度と見なくて済む手順は、次の通りです。

先ほどは、事務局へ報告をクリックしましたが、ここでは、「コメント削除」をクリックします。

コメント削除のキャプチャー画像

すると、各コメントの右側に「削除」ボタンが表示されます。後は、削除したいコメントの「削除」ボタンをクリックするだけです。

コメントを削除する時のキャプチャー画像

これで、コメントを削除することが出来ます!

「不適切な商品の報告」から事務局に通報する方法

続いて紹介するのは、嫌がらせ以外にも偽物の商品を販売している出品者などを通報する時にも使える方法です。

せっかくなので、この機会に覚えておきましょう。

「不適切な商品の報告」は、先ほど紹介した方法と同様に、まず、嫌がらせを受けた商品のページにアクセスします。

そして、「いいね!」「コメント」の横にある点が3つ縦に並んでいるボタンをクリックします。

商品ページのボタンのキャプチャー画像

続いて、「不適切な商品の報告」が表示されるので、それをクリックします。

不適切な商品の報告のキャプチャー画像

すると、下記の画面が表示されます。

商品の報告ページのキャプチャー画像

「違反の種類」をクリックすると、次のように数多くの違反行為が記載されています。

  • 偽ブランド品・権利侵害品
  • 医薬品・医療機器
  • 他サービス誘導・直接取引・交換
  • 薬機法違反(海外化粧品等)
  • 危険物(花火や火薬など)
  • アダルト・18禁
  • ブルセラ・児童ポルノ・中古下着
  • 銃刀法違反・武器類
  • 現金類・偽造チケット・偽造金券
  • 宣伝・捜し物・福袋
  • その他

違反の種類1のキャプチャー画像

違反の種類2のキャプチャー画像

この中で、迷惑行為に当たるのは、「他サービス誘導・直接取引・交換」ですよね。もし、これらに当てはまらない場合は、「その他」を選択しましょう。

後は、「送信する」をクリックすると、事務局に報告完了です!

不適切な商品の報告を送信するのキャプチャー画像

ブロックする方法

事務局に報告することで、問題が解決することもあります。

しかし、しつこい相手には、ブロックをしておくことをおすすめします!

なぜなら、ブロックをすることで、

  • フォロー
  • 購入
  • コメント
  • いいね

をすることが出来なくなるからです。

では、早速相手をブロックする方法を見ていきます。

まず、対象のユーザーのプロフィールページに行き、右上の点が三つ並んでいるマークをクリックします。

メルカリでブロックする相手のプロフィールページのキャプチャー画像

  • この会員をブロック
  • このプロフィールをシェア

の2つが表示されますので、その中から「この会員をブロック」をクリックします。

「この会員をブロック」のキャプチャー画像

すると、確認の画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

「ブロックしますか?」のキャプチャー画像

たったこれだけで、作業完了です!!

ブロックしている人を確認する方法

残念ながら、今のところブロックしている人の一覧は、iPhoneの方しか確認することが出来ません。

iPhoneの方が、次の方法で確認してみてください。

※現在ブロックしている一覧は「サイドメニュー>設定>ブロックした一覧」から確認できます。(iOSのみ)

情報引用元サイト:ブロック機能とは?

一方、アンドロイドを使用している人は、現状確認することが出来ません。そのため、自分の記憶力次第になります。

また、ブロックされているか判断する方法は、iPhone及びアンドロイドの両方でありません。

気になる商品があった時に、

  • フォロー
  • 購入
  • コメント
  • いいね

が出来ない場合は、ブロックされていると判断するしかありません。

【補足】フォローとブロックの関係

メルカリには、フォロー機能という気になるユーザーがいたら、パソコンのブックマークみたいに保存しておける機能があります。

このフォロー機能ですが、「フォローをしている時もしくは、されている時にブロックをされるとどうなるのか?」という疑問に対する回答を最後に補足で紹介しておきます。

気になる方は、下記を確認しておきましょう!

なお、フォローとブロックとの関係は以下の通りとなります。

・フォローしている会員をブロックした場合
→自動的にフォローからも外れます

・ブロックしている会員をフォローできますか?
→フォローはできません

・フォローされている会員をブロックした場合
→自動的にフォローからも外れます

・ブロックしている会員からフォローされることはありますか?
→フォローはできません

情報引用元サイト:「フォロー」機能とは?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メルカリで、トラブルが起きた時は、

  1. 事務局に通報
  2. その相手をブロック

することで被害を最小限に抑えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました