REI(レイ/アール・イー・エル)のタグで年代を判別する方法

REI(レイ/アール・イー・エル)のタグで年代を判別する方法のメイン画像 ファッション

1938年にアメリカのシアトルで誕生した「REI」。

正式名称は、「Recreational Equipment, Inc.」で略称は「アール・イー・アイ」。しかし、日本ではそのまま「レイ」と呼ばれることが多いですよね。

日本では「THE NORTH FACE」「PATAGONIA」「Columbia」などの有名アウトドアブランドと比べると知名度は少し低めですが、アメリカでは最大規模を誇る非常に有名なアウトドアブランドです。

そこで、この記事では、そんな押さえておくべきREIのタグで年代を判別する方法を紹介します。

1950年代〜1960年代 「筆記体タグ(青)」

1950年代〜1960年代のREIの「筆記体タグ(青文字)」の画像

画像引用元サイト:50’s REI マウンテンパーカ XL [67526]

1950年代から1960年代頃に見られる「筆記体タグ」。

少し見づらいですが、この頃は、山々が描かれるタグに筆記体でブランド名の「Recreational Equipment Inc.」が記載されます。そして、その全てが「青色」でデザインされるのが特徴です。

「REI」の古いタグは本当に全然見かけないのでかなり希少ですよ。

1960年代 「筆記体タグ(緑×黄)」

1960年代のREIの「筆記体タグ(緑×黄)」の画像

画像引用元サイト:ビンテージ60’s●REI 封筒型スリーピングバッグ●200908f3-otdeqp 寝袋アウトドアキャンプ用品ナイロンダウン

先ほど紹介した「筆記体タグ(青文字)」とほとんど同じデザインで、「ピッケル」と「テント」のみ黄色、それ以外が緑色でデザインされるこのタグは1960年代に見られます。

1970年代 「REI CO・OPタグ」

「パターン1」

1970年代のREIの「REI CO・OPタグ」の画像(パターン1)

画像引用元サイト:70s USA REI co・op Down Vest

タグに「REI CO・OP」と大きくデザインされた見るからにレトロな雰囲気のこのタグは、1970年代頃に見られます。

また、この頃からメインのタグの下に紙タグが付くようになります。

「パターン2」

1970年代のREIの「REI CO・OPタグ」の画像(パターン2)

画像引用元サイト:70s USA製 REI coop ダウンジャケット 緑 W-M

タグの左側に小さく「REI CO・OP」がデザインされるこのタグも、1970年代頃に見られます。

1980年代

「白タグ」

1980年代のREIの「白タグ」の画像

画像引用元サイト:古着 ジャケット 80s USA製 REI 3M シンサレート 中綿 マウンテン パーカー マンパ紺 M 古着

1980年代に使用される「白タグ」。

これまでのデザインとは異なるシンプルな白地のタグに大きくブランド名が入るこのタグには、次の内容が記載されます。

  • REI
  • Quality Outdoor Gear and Clothing
  • Since 1938

「PEAK VALUEタグ」

1980年代のREIの「PEAK VALUEタグ」の画像

画像引用元サイト:【SALE】 80’s REI 内ボアフリースジャケット XL [60749]

黒地に「PEAK VALUE」表記が入るタグは、1980年代に見られます。

1990年代 「黒タグ」

1990年代のREIの「黒タグ」の画像

画像引用元サイト:90s USA製 REI フリースジャケット チョコレート M

1990年代に見られる「黒タグ」。

1980年代で紹介した「白タグ」と記載されている内容に変更はありませんが、90年代になると黒いタグになり「黄」と「赤」でデザインされるようになります。

まとめ

いかがでしたか?

お探しの「REI」のタグは見つかりましたか?

他にもアウトドアブランドのタグで年代を判別する方法の記事を多数アップしておりますので、興味がある方は下記の記事もあわせてご確認くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました