RALPH LAUREN(ラルフローレン)のタグで年代を判別する方法

RALPH LAUREN(ラルフローレン)のタグで年代を判別する方法のメイン画像 ファッション

アメカジの王道「RALPH LAUREN」。

ファッションに興味を持ち始めた人からファッション通まで幅広い層から絶大な支持を集めています。

そんな人気ブランドですが、詳しく調べようとしても種類が多すぎてどの年代のものか判断するのは難しいですよね。

そこで、今回は「RALPH LAUREN」の中でも主要なラインに絞って年代判別する方法を紹介します。ここで紹介したものを覚えておくだけで、大体の年代を把握出来るようになりますよ。

1969年頃〜2015年 「Polo by Ralph Lauren」

まず、はじめに紹介するのは「Polo by Ralph Lauren」。

「RALPH LAUREN」と言えば、真っ先にこちらを思い浮かべる方も多い最もポピュラーなラインです。

そのため、このタグの紹介は欠かせません。

これから勉強される方は、最低限ここで紹介するタグを覚えておくだけで他の人よりも詳しくなれますよ。

1970年代 「大文字タグ」

Polo by Ralph Laurenの1970年代「大文字タグ」の画像

画像引用元サイト:70’s Ralph Lauren 大文字タグ フランス製 ディアスキンスポーツジャケット

1970年代には、「RALPH LAUREN」の表記が大文字です。

そのため、この年代のタグにのみ「Polo by RALPH LAUREN」と記載されます。

1980年代 「緑タグ」

Polo by Ralph Laurenの1980年代「緑タグ」の画像

画像引用元サイト:80’s 緑タグ Polo ラルフローレン ファイヤーマンJKT 実寸(S位)

1980年代に入ると、タグが緑色の通称「緑タグ」が使用されるようになります。

「Polo by Ralph Lauren」は、メンズとボーイズの展開をしていて、その中でボーイズサイズのものに対して「緑タグ」が使用されていると言われています。

そのため、購入する際は少しサイズが小さいので注意が必要です。

「Polo by Ralph Lauren」のタグは、基本的に紺色に白もしくは銀で文字がデザインされています。

1980年〜1990年代 「三角タグ」

Polo by Ralph Laurenの1980年〜1990年代「三角タグ」の画像

画像引用元サイト:80’s 90’s Polo by Ralph Lauren ポロラルフローレン コットンスウィングトップ レッド チンスト ワンポイント刺繍 USA製 Lサイズ 希少 ヴィンテージ

1980年〜1990年頃には、写真のような「三角形のタグ(三角タグ)」が使用されるようになります。

このタグは、スイングトップなどによく使われています。

1990年代〜 「オールドタグ」

Polo by Ralph Laurenの1990年代〜「オールドタグ」の画像

画像引用元サイト:90’s POLO Ralph Lauren USA製 デニムスイングトップ

1990年代には、上記の写真のタグが使用されるようになります。

このタグは、見覚えがある方が多いのではないでしょうか?

それもそのはず、「Ralph Lauren」の中でも最もよく見かけるタグで、恐らく2014年頃まで使用されます。

1978年〜 「CHAPS」

1978年に「Ralph Lauren」の低価格ラインとしてスタートした「CHAPS」。

このラインも非常に有名ですよね。

実は、この「CHAPS」には、いろんな問題があり2000年頃からあまり見かけなくなります。

それでは、早速2000年頃までの「CHAPS」のタグを年代別に見ていきましょう。

ちなみに、いろんな問題については、ここで説明すると長くなるので割愛させていただきますが、面白い話なので興味がある方は一度調べてみてください。

1970年代

CHAPSの1970年代の画像

画像引用元サイト:1978 Ralph Lauren Chaps vintage sweater wool knit preppy fashion designer clothing 80s 70s snowbeach polo bear classic throwback lacoste 90s

「CHAPS」も「Polo by RALPH LAUREN」同様に、1970年代には「RALPH LAUREN」が大文字で表記されます。

そのため、タグを見ると「CHAPS・RALPH LAUREN」と記載されています。

1980年代

CHAPSの1980年代の画像

画像引用元サイト:古着 シャツ 80s CHAPS Ralph Lauren ラルフ クレイジー ブロッキング BD ヘリンボーン シャツ XL 古着

1980年代に入ると、上記の画像のような紺色に黄色と緑の線が縁取られたカラフルなデザインに変わります。

タグには、下記の三点が表記されます。

  • CHAPS
  • RLマーク(SINCE 1978)
  • RALPH LAUREN

また、同年には、下記のような可愛らしいタグもあります。

CHAPSの1980年代の画像2

画像引用元サイト:古着 シャツ 80s CHAPS Ralph Lauren チャップス ボタニカル 太畝 コーデュロイ シャツ XL位 古着

1990年代〜

CHAPSの1990年代の画像

画像引用元サイト:90’s~ “CHAPS” Ralph Lauren 星条旗 Cotton 100% knit

1990年代以降は、こちらのタグが使用されます。

「CHAPS」のタグの中で最も馴染みがある方が多いのではないでしょうか?

実際に、古着屋やリサイクルショップに行けば必ずと言っていいほど一着は見かける印象です。

1989年〜1992年 「Polo COUNTRY」

1989年〜1992年「Polo COUNTRY」の画像

画像引用元サイト:80’s〜90’s RALPH LAUREN POLO COUNTRY Santa Fe Model Knit Goun

1989年に誕生した「Polo COUNTRY」。

ファンの間では、「ポロカントリー」を略して「ポロカン」と呼ばれています。

また、その名前の通り、カントリー調のデザインが多く見られるラインです。特に、ネイティブ柄のデザインが非常に人気で高額で販売されています。

そんな人気のあるラインですが、なんと1993年には終了してしまいます。

非常に短命で終わってしまったラインのため、マニアの中ではファンが多いです。

1993年〜 「RRL」

先ほど紹介した「Polo COUNTRY」を引き継いだラインが1993年に誕生した「RRL」です。

「RRL」と書いて「ダブルアールエル」と読みます。

ヴィンテージコレクターのラルフローレン氏がヴィンテージを購入しようとした時にバイヤーに買い占められていたことを残念に思い、自分自身で作ることを決めたことが「RRL」の始まりだと言われています。

そのため、このラインは、ヴィンテージ加工をした商品に特化しています。さらに、クオリティも非常に高くファンから絶大な支持を集めています。

ちなみに、この「RRL」という名前は、ラルフローレン氏が所有する「RRL牧場(ラルフローレン氏と妻のリッキーの頭文字から)」が由来だと言われています。

1993年〜1998年 「第一期タグ」

RRLの1993年〜1998年「黒タグ」の画像

画像引用元サイト:90s RRLデニムジャケット

「RRL」には、第一期と第二期があります。

まず、紹介するのは第一期です。

上から、

  • EST 1993
  • DOUBLE RL
  • RALPH LAUREN
  • US TRADEMARK

が記載されます。

また、リボン内をよく見ると両端に星が3つずつデザインされています。これは、「三つ星タグ」と言われて非常に人気です。

2001年〜 「第二期タグ」

RRLの2001年〜「白タグ」の画像

画像引用元サイト:白タグ/第二期/01s~/3rd/Gジャン/M/デニム/IDG/Lot.001

続いて紹介するのが第二期です。

第一期と比べて大きな変更点が3点あります。

  1. リボンの形のデザイン
  2. 両端の星が3つから1つになる
  3. 「US TRADEMARK」が消える

また、白タグ意外にも下記のように同じく星が両端に1つずつデザインされた「黒タグ」も存在します。

RRLの1993年〜1998年「黒タグ」の画像2

画像引用元サイト:RRL 一つ星黒タグ チンスト マチ付き コットンワークシャツ S

1993年〜2016年 「Polo SPORT」

1993年〜2016年「Polo SPORT」の画像

画像引用元サイト:ダックハンターとPOLO SPORT

1993年デザイナーのマイケル・タピア氏によって手掛けられた「Polo SPORT」。

その名前の通り、スポーツに特化した商品を得意としたラインです。また、「ポロスポーツ」を略して、通称「ポロスポ」と呼ばれます。

タグには、

  • POLO SPORT
  • RALPH LAUREN
  • 星条旗

が記載されたシンプルなデザインです。

このラインが生まれたきっかけは、公式サイトに詳しく記載されていたので興味がある方は下記をご確認ください。

それは1991年のことでした。ラルフ・ローレンとそのチームは、翌春に発表する次のコレクションに取り掛かっていました。常にスポーツライフにインスピレーションを受けてきたPolo。このコレクションでは、翌1992年のバルセロナオリンピック夏季大会に向けて、スポーツマンシップを前面に打ち出すことになっていました。ラルフとそのチームは、歴史ある陸上競技の図像、ヴィンテージのアスリートのユニフォーム、そして1930年代のオリンピックポスターの華やかなイメージを研究し、新たなスポーツマンスピリットで構築された大胆なデザインのシリーズを作り上げました。その結果生まれたのが、今や伝説となった Stadium コレクション。これらすべての影響を集約した新しいPolo Sportラインの 誕生です。

引用元サイト:POLO SPORTの起源、そしてその影響

ちなみに、「Polo SPORT」は、1998年に後ほど紹介するRLXに統合されて一旦終了してしまいます。ですが、1993年から1998年の期間に販売された商品は、デザイン性が高くマニアの中で人気です。

1996年〜2007年 「POLO JEANS」

1996年〜2007年「POLO JEANS」の画像

画像引用元サイト:Ralph Lauren POLO JEANS COMPANY デニムジャケット Gジャン / レディースL

1996年〜2007年「POLO JEANS」の画像2

画像引用元サイト:Ralph Lauren POLO JEANS COMPANY フレアカット コーデュロイパンツ / レディースXL(w31)

1996年に誕生した若者をターゲットにした「RALPH LAUREN」のカジュアルライン「POLO JEANS」。

名前の通り、「ジーンズ」を中心に展開しています。

「POLO JEANS」のタグは上記のようなものがあります。

一つは、

  • POLO JEANS CO.
  • RALPH LAUREN
  • 星条旗

 がデザインされた「Polo SPORT」の時のデザインとほとんど変わらないタグ。ちなみに、元々「POLO JEANS」は、「Polo SPORT」の中のデニム部門として作られた背景があるので、タグのデザインが似ているのだと思います。

そして、もう一つが、

  • POLO JEANS COMPANY
  • Quality Denim Goods
  • SINCE 1967
  • RALPH LAUREN MFG

が記載されたタグです。

なお、「POLO JEANS」は、若者にオーバーサイズで着てもらうために他のラインと比べて服のサイズが大きめに作られています。この情報も覚えておいて損はないと思います。

1998年〜2016年 「RLX」

1998年〜2016年「RLX」の画像

画像引用元サイト:ナイロンジャケット/M/ナイロン/BLK/無地

1998年には、先ほど紹介した「Polo SPORT」をバージョンアップした高級スポーツライン「RLX」が誕生します。

この「X」は、極限を意味する「Extreme」が由来です。

タグには、

  • RLX
  • RALPH LAUREN

のみが記載されたシンプルなデザインです。ちなみに、このタグと同じデザインで「三角タグ」もあります。

2004年〜2013年 「RUGBY」

2004年〜2013年「RUGBY」の画像

画像引用元サイト:「タグ付 Deadstock」 古着 シャツ RUGBY Ralph Lauren ラルフ デザイン 刺しゅう 鹿の子 ラガー ラグビー シャツ L 古着

最後に紹介するのが、2004年に誕生した学生層をターゲットにした低価格ライン「RUGBY」。

タグには、

  • RALPH LAUREN
  • RUGBY
  • ESTAB 2004

が記載されたシンプルなデザインです。

「RUGBY」の中では、ポロベアがラグビーボールを蹴っている「キッカーベア」が人気です。

しかし、残念ながら「Ralph Lauren」のグローバル展開に集中することを理由に2013年で終了してしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

「RALPH LAUREN」は、どこの古着屋さんに行っても扱っていることが多いよね。

ですので、是非、一度この記事を参考に年代判別を試してみてくださいませ。

この記事が、少しでもあなたの参考になったなら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました