McGREGOR(マクレガー)のタグで年代を判別する方法

McGREGOR(マクレガー)のタグで年代を判別する方法のメイン画像 ファッション

1921年にアメリカのニューヨークで誕生した「McGREGOR」。

  • 「ドリズラージャケット」
  • 「ナイロンアンチフリーズ」

などの数々の名作を世に生み出してきた必ず押さえておくべきヴィンテージの王道ブランドです。

そんな「McGREGOR」ですが、これまで本当に多く商品を出しており、タグの種類も多くどの年代のものかわからずお困りの方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、そんなMcGREGORのタグを出来る限り紹介し、タグで年代を判別する方法を紹介します。

タグの名称については、わかりやすいように私が個人でつけているものが多々あります。実際の名称と異なる場合もありますが、何卒よろしくお願いいたします。

1930年代

「筆記体タグ」

1930年代のマクレガーの「筆記体タグ」の画像

画像引用元サイト:30s McGREGOR SPORTS JACKET

まず紹介するのは、大変希少な30年代の「筆記体タグ」。

タグには、次の内容が記載されます。

  • McGREGOR
  • REG’D(商標登録を意味するregisteredの略)
  • SPORTSWEAR

文字通り、筆記体でブランド名がデザインされているため「筆記体タグ」と呼ばれます。

非常にインパクトのあるタグなので残っていればすぐに年代判別可能ですが、古いタグのためどうしても取れてしまっていることも多々あります。

その場合には、ディテールから年代判別を行いましょう。

年代判別を簡単に行えるディテールはジッパーです。

実際にジッパーを確認してみると、「コの字留めのTALONジッパー」が使用されています。

画像引用元サイト:30s McGREGOR SPORTS JACKET

さらに、ジップエンドには「鳩目」が使用されています。

画像引用元サイト:30s McGREGOR SPORTS JACKET

  • 「コの字留め」:40年代以前に見られるディテール
  • 「鳩目」:主に30年代に見られるディテール

つまり、タグがなくてもジッパーから30年代頃のものだと推測することが出来ます。

ジッパーから年代判別を行う方法についてより詳しく知りたい方は、下記の記事をあわせてご確認下さいませ。

「Blond Beaverタグ」

1930年代のマクレガーの「Blond Beaverタグ」の画像

画像引用元サイト:30s McGREGOR TRENCH COAT

こちらは、ファーなどの毛皮が使用される商品に付くタグです。

タグには大きくビーバーが大きくデザインされ、「Blond Beaver」と記載されているのが特徴です。

「筆記体タグ」と「鳩目」などのディテールがあれば1930年代

1940年代

「筆記体タグ」

1940年代のマクレガーの「筆記体タグ」の画像

画像引用元サイト:McGREGOR 筆記体タグ ウールボックスシャツ / メンズL

40年代も引き続き「筆記体タグ」が使用されます。

30年代で紹介した「筆記体タグ」と似ていますが、40年代になるとタグに「MADE IN U.S.A.」表記が追加されるようになります。

「Horsehideタグ」

1940年代のマクレガーの「Horsehideタグ」の画像

画像引用元サイト:40s McGREGORマクレガー ホースハイド レザー スポーツジャケット

馬革(ホースハイド)を使った商品に付く「Horsehideタグ」。

タグに大きく馬がデザインされているのが特徴で、このタグにも「MADE IN U.S.A.」表記が入っています。

「Warm-Up Coatタグ」

1940年代のマクレガーの「Warm-Up Coatタグ」の画像

画像引用元サイト:40s McGREGOR WARM UP COAT SIZE42

コートに付く「Warm-Up Coat」表記が入るタグも40年代頃に見られます。

画像さと少し見にくいですが、タグには下記が記載されています。

  • McGREGOR
  • CANADIAN MODEL
  • Warm-Up Coat
  • MADE IN U.S.A.

やはり、このタグにも一番下に「MADE IN U.S.A.」が記載されています。

「筆記体タグ」で「MADE IN U.S.A.」があれば 1940年代

1950年代

「ブロック体タグ(WASHABLE表記)」

1950年代のマクレガーの「ブロック体タグ(WASHABLE表記)」の画像

画像引用元サイト:50’s McGregor 単色レーヨンシャツ [shi-382]

50年代頃になると、ブランド名が筆記体からブロック体に変わります。

そして、タグには次の内容が記載されます。

  • McGREGOR
  • WASHABLE
  • MADE IN U.S.A.
  • サイズ表記

また、今までの「REG’D」表記から「T.M.(Trade Markの略)」へと変わります。

「ブロック体タグ(DRY CLEAN ONLY表記)」

1950年代のマクレガーの「ブロック体タグ(DRY CLEAN ONLY表記)」の画像

画像引用元サイト:50s USA製 McGREGORマクレガー チェック ウールシャツ

先ほどと似たタグで「WASHABLE」ではなく、「DRY CLEAN ONLY」表記のものもあります。

「Scottish Drizzlerタグ」

1950年代のマクレガーの「Scottish Drizzlerタグ」の画像

画像引用元サイト:VINTAGE 50’s MCGREGOR SCOTTISH DRIZZLER / ビンテージ マクレガー ドリズラージャケット

McGREGORの名作ドリズラージャケット。

それに付くのがこのタグです。

50年代のタグは、大きく「Scottish Drizzler」と記載されているのが特徴です。

「糸巻きタグ」

1950年代のマクレガーの「糸巻きタグ」の画像

画像引用元サイト:古着 ヴィンテージ 50s USA製 McGREGOR ハンドステッチ 開襟 ボックス レーヨン ギャバジン シャツ S 古着

ボビンに糸が巻き付いている「糸巻きタグ」も50年代に見られます。

「SHAGLINEタグ」

1950年代のマクレガーの「SHAGLINEタグ」の画像

画像引用元サイト:McGREGOR SHAGLINE ショールカラー ウールニットセーター / メンズS

50年代頃に見られるセーターに付く「SHAGLINEタグ」。

タグには、次の内容が記載されます。

  • McGREGOR
  • MADE IN U.S.A.
  • SHAGLINE
  • 素材表記
  • WASHABLE
  • サイズ表記

このタグのように50年代頃からタグに「®️マーク」が入るものも出てきます。

タグに「WASNABLE」「DRY CLEAN ONLY」などの表記が入るのは1950年代から1960年代

1960年代

「WASHABLEタグ」

1960年代のマクレガーの「WASHABLEタグ」の画像

画像引用元サイト:60’s McGREGOR 半袖 チェックシャツ SIZE ML

一見、50年代で紹介した「ブロック体(WASHABLE表記)」と似ていますが、60年代になると行数が増え下記の内容が記載されます。

  • MADE IN U S.A.
  • McGREGOR
  • WASHABLE
  • EXCLUSIVE FABRIC FROM
  • Galey&Lord
  • サイズ表記

McGREGORに限らず、古いタグほどシンプルなデザインが多いのが特徴です。

「MODERNタグ」

1960年代のマクレガーの「MODERNタグ」の画像

画像引用元サイト:60’s McGREGOR マクレガー ヴィンテージ オープンカラー チェックシャツ

こちらも60年代に見られる「MODERNタグ」で、下記の文言が記載されています。

  • MADE IN U S.A.
  • McGREGOR
  • SPORTSWEAR
  • MODERN
  • Wash-Wear-Cottons
  • サイズ表記

「地球儀タグ」

1960年代のマクレガーの「地球儀タグ」の画像

画像引用元サイト:McGREGOR FASHIONS FROM THE END OF THE EARTH ハリントンジャケット スイングトップ / メンズL

タグに大きく「地球儀」がデザインされたこのタグも60年代に見られます。

「Nylon Anti-Freezeタグ」

1960年代のマクレガーの「Nylon Anti-Freezeタグ」の画像

画像引用元サイト:1960年代 ヴィンテージ アメリカ製 McGREGOR マクレガー マックレガー アンチフリーズ ドリズラー 裏ボア ジャケット Made in USA

続いて紹介するのは、McGREGORの名作「Nylon Anti-Freeze」です。

防寒用スポーツジャケットで、あのジェームズディーンが映画「理由なき反抗」で着用したことでも有名ですよね。

このタグには、次の内容が記載されます。

  • McGREGOR
  • MADE IN U.S.A.
  • Nylon Anti-Freeze
  • MADE COMPLETELY OF
  • 100% NYLON
  • WASHABLE
  • サイズ表記

このタグも60年代に見られるものです。

「Drizzlerタグ」

1960年代のマクレガーの「Drizzlerタグ」の画像

画像引用元サイト:古着 ジャケット 60s USA製 McGREGOR 「Drizzler」 防水 ドリズラー ジャケット ブルゾン ミント 40 古着

先ほど紹介した50年代のドリズラーには「Scottish Drizzler」と大きく記載されていましたが、60年代になると「Drizzler」のみになります。

「Ram Jetタグ」

1960年代のマクレガーの「Ram Jetタグ」の画像

画像引用元サイト:【SALE】 60’s McGREGOR RAMJET ファラオジャケット [52077]

60年代に見られる「Ram Jetタグ」。

ファラオジャケットによく付くタグで、Curonというコットンツイルのような生地を使用しているのが特徴です。

「BROOLYタグ」

1960年代のマクレガーの「BROOLYタグ」の画像

画像引用元サイト:マクレガー【It’s A Beautiful Day】

個人的にデザインが好きな「BROOLYタグ」。

タグには、傘のデザインと共に次の文言が記載されています。

  • BROLLY
  • LONG AND TAPERED
  • AS A BRITISH
  • UMBRELLA
  • McGREGOR
  • MADE IN U.S.A.

ここで紹介したタグは60年代のものですが、傘が斜めにデザインされ「bRolly(Rだけ大文字表記)」のタグもあります。

ちなみに、そのタグは50年代頃に見られます。

「MIDNITE SUNタグ」

1960年代のマクレガーの「MIDNITE SUNタグ」の画像

画像引用元サイト:60’s McGREGOR VINTAGEカーディガン

タグに「MIDNITE SUN」と記載された黒いタグも60年代に見られます。

「Quilonタグ」

1960年代のマクレガーの「Quilonタグ」の画像

画像引用元サイト:ジャケット/38/ウール/KHK/カーキ/ウールファラオジャケット/棒TALON

このタグにみっしり文字が記載されているタグも60年代のものです。

この文字の中でも注目すべきが「Quilon」です。

これは、DUPONT(デュポン)社の開発したレザーの表面のよごれを付きにくくする加工のことで、この加工がされている商品に付きます。

「WASHABLE」や「Wash-Wear」などの表記が入るものは、1950年代から1960年代。

1960年代〜1970年代

「NO IRONタグ」

1960年代から1970年代のマクレガーの「NO IRONタグ」の画像

画像引用元サイト:60s マクレガー Mc Gregor   ボタンダウン シャツ!

1960年代中旬頃から1970年代に見られる「NO-IRONタグ」。

タグには、次の内容が記載されます。

  • McGREGOR
  • MADE IN U.S.A.
  • NO-IRON
  • PERMANENT PRESS
  • 100% COTTON
  • サイズ表記

「SCOTSETタグ」

1960年代から1970年代のマクレガーの「SCOTSETタグ」の画像

画像引用元サイト:長袖シャツ/L/レーヨン/YLW

同様に、60年代から70年代に見られる「SCOTSETタグ」。

こちらのタグは、下記のように記載されています。

  • McGREGOR
  • MILLION MILE
  • サイズ表記
  • 素材表記
  • SCOTSET
  • PERMANENT PRESS
タグに「PERMANENT PRESS」表記が入るものは1960年代から1970年代(主に1970年代)

1970年代

「緑タグ」

1970年代のマクレガーの「緑タグ」の画像

画像引用元サイト:70s ベルト付き マクレガー ボア ジャケット

70年代頃から一気にシンプルなタグになります。

この「緑タグ」も左側にダイヤ柄の模様が入り、右側にブランド名が入るだけの非常にシンプルなものです。

「白タグ」

1970年代のマクレガーの「白タグ」の画像

画像引用元サイト:70’s McGREGOR レーヨンシャツ “オンブレ” [shi-512]

こちらの「白タグ」も非常にシンプルで、下記が内容のみが記載されています。

  • McGREGOR
  • MADE IN U.S.A.
  • サイズ表記

このタグも70年代頃から見られます。

「International Collectionタグ」

1970年代のマクレガーの「International Collectionタグ」の画像

画像引用元サイト:McGREGOR International Collection スエードレザージャケット / メンズM

続いても70年代に見られる「International Collectionタグ」。

レザージャケットに付くタグで、筆記体で「International Collection」と記載されるのが特徴です。

「DRIZZLERタグ」

1970年代のマクレガーの「DRIZZLERタグ」の画像

画像引用元サイト:70’s MCGREGOR ドリズラージャケット マスタードカラー 良サイズ 表記(36)

70年代のドリズラーは「DRIZZLER」が全て大文字で記載されるのが特徴です。

「Ram Jetタグ」

1970年代のマクレガーの「Ram Jetタグ」の画像

画像引用元サイト:古着 ジャケット 70s McGREGOR 「Ram Jet」 裏地 キルティング ヘチマ襟 ファラオ コート 人気 黒!! 44 古着

先ほど紹介した「Ram Jetタグ」の70年代のものです。

70年代になると、「ブランド名」と「Ram Jet」だけのかなりシンプルなデザインになります。

シンプルなタグが多く見られるのが1970年代

1980年代

1980年代のマクレガーのタグの画像

画像引用元サイト:80s McGREGORマクレガー タータンチェック ライトネル ガウン L

80年代になると、上記のようにブランド名がカラフルなデザインになります。

また、USA以外にもいろんな国の表記が増えます。

カラフルなブランドロゴデザインは1980年代

まとめ

いかがでしたか?

McGREGORは本当にたくさんタグの種類があり、ここで紹介しきれなったものもたくさんあります。

しかし、このタグの年代判別方法をマスターすれば、他のタグの年代判別にも役立つ要素が満載です。

ぜひ、この機会に覚えてしまいましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました