フランス軍M-47の前期と後期の違いを見分ける方法

フランス軍M-47の前期と後期の違いを見分ける方法のメイン画像 ファッション

フレンチヴィンテージの中でも特に人気が高い「M-47」。

その名前から推測出来る通り、1947年に生まれたため「M-47」と呼ばれています。

このモデルは1947年から1960年代頃まで製造されていましたが、年代によって仕様が異なるため大きく分けて前期と後期に分けられます。

そこで、この記事では、そんなM-47の前期と後期の見分け方を紹介します。

【参考】最短で年代を判別するには内側のスタンプを確認する

M-47の内側のスタンプの画像

画像引用元サイト:N.O.S. 1952’s French Army ”M-47 ” EARLY MODEL

本題に入る前に、参考知識としてM-47の年代がすぐにわかる方法を紹介します。

というのも後ほど前期と後期の違いを詳しく説明していきますが、1950年代以前が前期モデル、1960年代以降が後期モデルと言われています。そのため、製造年がわかるだけで前期か後期か見分けることも可能だからです。

その方法とは、ウエストの内側にあるスタンプを確認することです。

なぜなら、この部分に年代が記載されていることがあるからです。少し見えにくいですが、上記画像の場合は、左側のARMEEの下に「1952年」とスタンプが押されています。

つまり、このことから1952年のものだとわかります。

ただし、そもそもスタンプが押されていない場合や薄くなっていて見えない場合にはこの方法は使用出来ません。

その場合は、後ほど紹介する前期と後期の各仕様をもとに年代を絞りましょう。

1947年〜1950年代 「前期モデル」

1947年〜1950年代のM-47の「前期モデル」の画像

画像引用元サイト:古着 50s フランス軍 M47 前期 ミリタリー コットンツイル カーゴ パンツ W34 L30 古着

1947年から1950年代の「前期モデル」。

コットンツイル(綾織り)を使用した厚めの生地感にゆったりとしたワイドシルエット。そして、トップボタンの数が2つが前期モデルに見られる特徴です。

「前期モデル」の特徴をまとめると下記の通りです。

  • トップボタンの数:2つ
  • シルエット:ワイド
  • 生地:コットンツイル

一般的には上記の仕様を持つM-47が前期タイプとして紹介されますが、実は細かな仕様変更が多くより細分化することが出来ます。

そこで、この記事では、前期タイプをさらに次の3つに細分化して紹介します。

  • 初期
  • 中期
  • 後期

1947年〜1950年 「前期モデル(初期)」

1947年〜1950年のM-47の「前期モデル(初期)」の3つボタンの画像

画像引用元サイト:フレンチミリタリー / 1940’s デッドストック / M-47 カーゴパンツ / ノンウォッシュ

1947年から1950年頃の前期モデルの中でも最初期の最大の特徴が「3つボタン」です。

上記画像はメタルボタンですが、尿素ボタンもあります。また、このボタンは表からは見えず、内側にのみ付きます。

さらに、1950年代初期までのサイズ表記は「cm」表記で記載され、その後に下記のアルファベットが採用されています。

  • C (Court) :短い
  • M (Moyenne) :標準
  • L (Long):長い

実際の表記を見てみましょう。

1950年代初期までに見られるM-47のサイズ表記の画像

画像引用元サイト:フレンチミリタリー / 1940’s デッドストック / M-47 カーゴパンツ / ノンウォッシュ

この場合は、「84L」と記載されているので、ウエストが84cmで長めの作りになっています。

内側に3つボタンが付くのは1947年〜1950年の「前期モデル(初期)」

1950年〜1950年代中期 「前期モデル(中期・2つボタン)」

1950年〜1950年代中期のM-47の「前期モデル(中期・2つボタン)」の2ボタンの画像

画像引用元サイト:N.O.S. 1952’s French Army ”M-47 ” EARLY MODEL

1950年頃になると、ボタンの数が2個に減ります。まだボタンは内側に付いたままです。

1950年代中期以降のM-47のサイズ表記の画像

画像引用元サイト:Deadstock M47 Pants / フランス軍

そして、ちょうどこの頃からサイズ表記が馴染みのある数字二桁に変わります。

これまでは記載されている数字がそのまま「cm」表記で非常に分かりやすかったのですが、この2桁はレングスとウエストを意味しています。

それぞれ下記を意味しています。

  • 1文字目:レングス
  • 2文字目:ウエスト

画像の場合は「35」表記のため、レングスが「3」でウエストが「5」です。もちろん、数字が小さくなるほどサイズが小さく、大きくなるほどサイズが大きくなります。

では、「21」の場合のサイズはどうなりますか?

レングスが「2」でウエストが「1」です。

ちなみに、M-47はサイズが大きいものが多いため、このサイズは多くの方に合うゴールデンサイズのためかなり人気が高いです。

内側に2つボタンが付くのは1950年〜1950年代中期の「前期モデル(中期・2つボタン)」
1950年代初期までは「C」「M」「L」表記
1950年代中期頃からはサイズ表記が2桁に変わる

1950年代中期 「前期モデル(中期・剥き出しボタン)」

1950年代中期のM-47の「前期モデル(中期・剥き出しボタン)」の画像

画像引用元サイト:DEAD STOCK “1950s FRENCH ARMY M47 初期” フランス軍カーゴパンツ

1950年代中期になるとボタンが剥き出しになり、一般的に前期モデルと言われるメジャーなデザインになります。

ボタンが剥き出しになるのは1950年代中期の「前期モデル(中期・剥き出しボタン)」

1950年代中期〜1950年代後期 「前期モデル(後期)」

M-47前期のコットンツイルの生地の画像

画像引用元サイト:フランス軍 M47 M-47 カーゴパンツ 前期 デッドストック DEADSTOCK 50s フィールドパンツ 軍パン (FRENCH-M47-PANTS-EARLY)

1950年代中期から1950年代後期の前期タイプ後期。

後期タイプへの移行期のもののため、画像の前期タイプの特徴であるコットンツイル生地が使用されますが、後期タイプに見られる「1つボタン」が採用されます。

剥き出しボタンが1つでコットンツイルは1950年代中期〜1950年代後期の「前期モデル(後期)」

1960年代 「後期モデル」

1960年代のM-47の「後期モデル」の画像

画像引用元サイト:デッドストック/DEADSTOCK 1960年代 ”後期” M47 M-47 カーゴパンツフランス軍(FRENCH-M47-PANTS-LATE)

1960年代の「後期モデル」。

ヘリンボーン(杉綾織り)を使用した薄めの生地感にややテーパードしたシルエット。そして、トップボタンの数が1つが後期モデルに見られる特徴です。

「後期モデル」の特徴をまとめると下記の通りです。

  • トップボタンの数:1つ
  • シルエット:テーパード
  • 生地:ヘリンボーン
1960年代のM-47の「後期モデル」のヘリンボーンの画像

画像引用元サイト:デッドストック/DEADSTOCK 1960年代 ”後期” M47 M-47 カーゴパンツフランス軍(FRENCH-M47-PANTS-LATE)

この画像が「ヘリンボーン」で、開いた魚に似ていることから「ニシンの骨(herringbone)」と呼ばれています。

この生地であれば「後期タイプ」と判断することが出来ます。

剥き出しボタンが1つでヘリンボーンは1960年代の「後期モデル」

まとめ

いかがでしたか?

M-47は本当に細かな仕様変更が多く、ポケットの仕様も年代によって異なります。

しかし、そこまで詳しく覚えなくても、この記事で紹介した仕様をおさえておけばかなり詳しくなれますよ。

ぜひ、M-47で困った時に参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました