LEEのタグで年代を判別する方法【三角タグ編】

LEEのタグで年代を判別する方法【三角タグ編】のメイン画像 ファッション

1960年頃から1965年頃まで使用されていたLEEの「三角タグ」。

名前の通り今までのタグとは異なり、三角のタグが使用されるようになります。そして、この形のタグは、スタイリッシュでデザイン性も高く人気があるのが特徴です。

そこで、この記事では、LEEの「三角タグ」の年代の見分け方について紹介します。

1960年〜

1960年代のLEEの三角タグのイメージ画像

画像引用元サイト:dj-117

こちらが、1960年頃から使用され始めた「三角タグ」です。

赤文字のデザインが特徴的で、通称「赤の三角タグ」と言われています。

なお、記載されている内容は、赤タグの最終形とほとんど変わりありません。赤タグについては、下記の記事をご確認ください。

1962年〜1965年頃

1962年から1965年頃のLEEの三角タグのイメージ画像

画像引用元サイト:デニムジャケット/60年代後半/三角黒タグ40/コットン/IDG

1962年頃になると、デザインが大きく変更されます。

具体的には、先ほど赤色で記載されていた部分が白色に。そして、「DESIGN PATENT」の記載も省略されます。

ちなみに、こちらのタグは、通称「黒の三角タグ」と言われます。

まとめ

いかがでしたか?

「三角タグ」はデザインが特徴的なので、非常にわかりやすいですよね。

ちなみに、LEEの「三角タグ」以前に使用されていたタグについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました