LEEのタグで年代を判別する方法【ハウスマーク編】

LEEのタグで年代を判別する方法【ハウスマーク編】のメイン画像 ファッション

デニムブランドとしてLEVISと並んで多くの方に認知されているLEE。

しかし、そんなLEEは、元々は食品加工会社でした。

その名残から衣類を販売した当初は、タグに三角の家のようなデザインが施された通称「ハウスマーク」が使用されていました。「ハウスタグ」と呼ばれることもあります。

そのタグが、今ではヴィンテージマニアの方を魅了してやみません。

そこで、今回は、LEEの中でもハウスマークの年代判別方法について紹介します。

1920年代

1920年代のハウスタグのイメージ画像

画像引用元サイト:ヴィンテージ 1930年代 Lee 91-J カバーオール

まず、紹介するのが最も古いハウスマークです。

このタグは、以後紹介するタグと異なり「LOT」と「SIZE」表記が頭文字の「L」と「S」のみで表記されているのですぐに判別することが出来ます。

また、マウスマークの下には商標権を意味する「TRADE MARK」が記載されています。

1930年代

1930年代のハウスタグのイメージ画像

画像引用元サイト:★送料無料★lee◆30s/96-j/ハウスマーク/パテントタグ/カバーオール/46/デニム/blu/ストライプ

1930年になると、表記方法が下記に変更されます。

  • 「L」→「LOT」
  • 「S」→「SIZE」

さらに、ハウスマークの下の文字が「TRADE MARK」からRegistered, U.S. Patentを略した「REG.U.S.PAT.」に変更されるのも判断ポイントです。

1940年代

1940年代のハウスタグのイメージ画像

画像引用元サイト:1920s~1950s Lee House Tag Item

1940年になるとタグの下部に「生地の収縮表記」が追加されるため、これまで紹介したタグと比べても一目瞭然です。

また、このタグには、上記の画像のようにLOTに「S」のスタンプが押さえれているものがあります。

これは、対戦モデルを意味し、特にマニアに人気があります。

1950年代

1950年代のハウスタグのイメージ画像

画像引用元サイト:1940年代 Lee 91-J デニムカバーオール ハウスマークタグ

気づいた方もいると思いますが、1950年に入ると、これまで斜めにデザインされていたLeeの「e」がまっすぐに変更されます。

それ以外は、先ほど紹介したタグとほとんど変更ありません。

まとめ

LEEのハウスマークタグの年代判別方法はわかりました?

もし、どの年代か迷われた際には、次の2STEPで判断しましょう。

  1. 「e」が斜めかどうか確認する
  2. 詳細のデザインを確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました