Langlitz Leathers(ラングリッツ・レザー)のタグで年代を判別する方法

Langlitz Leathers(ラングリッツ・レザー)のタグで年代を判別する方法のメイン画像 ファッション

1947年オレゴン州ポートランドで誕生した「Langlitz Leathers」。

「The Leather Garment Shop」という小さなカスタムショップから始まった同ブランドは、これまで1日6着という少量生産でデザインと品質を重視して生産してきました。

そのため、他のブランドと比べて圧倒的に数が少なく、希少なのは言うまでもありません。

さらに、創業者自身が名高いバイカーでこれまでバイカーのために最高のレザージャケットを生産し続けてきた他のブランドとは一線を画する伝説的なブランドです。

ちなみに、1947年から1949年は「Speedway Togs」という名前で、1950年からはお馴染みの「Langlitz Leathers」に変更しています。

そこで、この記事では、そんなLanglitz Leathersのタグで年代を判別する方法を紹介します。

1947年〜1949年 「Speedway Togsタグ」

まずは、Langlitz Leathersになる前の幻のSpeedway Togs時代のタグを紹介します。

この頃は、大きく分けて次の2種類が使用されます。

  • 白タグ
  • 緑タグ

それでは、それぞれ見ていきましょう。

「白タグ」

1947年〜1949年のSpeedway Togsタグの「白タグ」の画像

画像引用元サイト:1947 Speedway Togs

白地にブランド名の「SPEEDWAY-TOGS」とお馴染みのバイクのデザインが特徴です。

「緑タグ」

1947年〜1949年のSpeedway Togsの「緑タグ」の画像

画像引用元サイト:40’s SPEEDWAY TOGS

画像はありませんが、先ほど紹介した「白タグ」とほぼ同じ内容が記載される「緑タグ」。

ちなみに、上記の画像と同じ色合いです。

上記画像のタグは、バイクがデザインされず、「SPEEDWAY TOGS」などの文字だけが記載されるかなり珍しいデザインです。

「Langlitz Leathers」になる直前のものかと思います。

タグに「SPEEDWAY-TOGS」表記が入るのは1947年〜1949年

1950年〜1956年 「緑タグ」

1950年〜1956年のラングリッツレザーの「緑タグ」の画像

画像引用元サイト:50’s Langlitz Leathers Cascade

1950年から1956年の「緑タグ」。

冒頭でお伝えしたように1950年からブランド名が「Langlitz Leathers」に変更したため、この頃から下記のように「Langlitz Leathers」表記が入るようになります。

  • Langlitz Leathers
  • PORTLAND, OREGON U.S.A.
「緑タグ」は1950年〜1956年

1957年~1984年 「白タグ」

1957年〜1984年のラングリッツレザーの「白タグ」の画像

画像引用元サイト:60’s ヴィンテージ ラングリッツレザー ライダースジャケット Langlitz Leathers Riders Jacket(黒)

1957年から1984年の長期間使用されていた「白タグ」。

このタグには、下記の内容が記載されます。

  • Langlitz Leathers
  • PORTLAND OREGON

同じタグが30年近く使用されていたため、タグだけでなく以下の3つのディテールも考慮して年代判別を行う必要があります。

  • 「ポケット裏のスタンプ」
  • 「ジッパー」
  • 「素材」

それぞれ詳しく説明していきます。

「ポケット裏のスタンプから年代を判別する」

ラングリッツレザーの「ポケット裏」の画像

画像引用元サイト:1980’s Langlitz Leathers Motorcycle Jacket,1950’s Coleman 200A Yellow Decal,Fire King Jade-ite Chocolate,,,

まず、最も簡単に年代を判別出来る方法を紹介します。

この方法は「白タグ」のみならず、Langlitz Leathersの年代判別を行う上で避けては通れない内容となっておりますので必ず読んでください。

それは、ポケット裏の確認です。

なぜなら、Langlitz Leathersのポケット裏にはスタンプが押されており、そこに年代が記載されている場合があるからです。

上記画像のように「1981」のような年代表記がある場合はラッキーです。

以下で紹介する方法を読まずに、この製品は1981年に作られたものだとすぐに判別することが出来るからです。

ただし、全ての商品に記載されているわけではなく、記載されていない場合が多々あります。

その場合は、次を参考に年代判別しましょう。

「ジッパーから年代を判別する」

年代判別に欠かせない「ジッパー」。

なぜなら、ジッパーはその当時の時代を映す鏡で、ここを見るだけで大体の年代を把握することが出来るからです。

しかし、Langlitz Leathersに付くジッパーは、一般的なジッパーの年代とズレる場合があります。

下記は、そのジッパーと使用されていた大体の年代です。

  • 1950年代〜1960年代:「CC(CLARK &COATS)」
  • 1950年代〜1960年代:「CONMAR」
  • 1970年代〜1980年代:「デカTALON」
  • 1980年代:「棒TALON」

1950年代〜1960年代:「CC(CLARK&COATS)」

1950年代〜1960年代のラングリッツレザーの「CC(CLARK&COATS)」の画像

画像引用元サイト:LANGLITZ LEATHER 1960s CASCADE size34-36

1950年代から1960年代の「CCジッパー」。

CLARK&COATSの略称で、比較的「白タグ」の初期に付いていることが多いのが特徴です。

1950年代〜1960年代:「CONMAR」

1950年代〜1960年代のラングリッツレザーの「CONMAR」の画像

画像引用元サイト:50’s〜60’s Langlitz Leathers Padded cascadeヴィンテージライダースJK [0133]

こちらも50年代から60年代の「CONMARジッパー」で、ジッパー上部に星形のようなギザギザしたデザインがあるのが特徴です。

1970年代〜1980年代:「デカTALON」

1970年代〜1980年代のラングリッツレザーの「デカTALON」の画像

画像引用元サイト:70’s〜80’s Langlitz Leathers Cascade カスタムオーダー 2トーン 紺×赤 [57553]

1970年代から1980年代の「デカTALON」で、画像のようにゴツいジッパーが使用されるのが特徴です。

1980年代:「棒TALON」

1980年代のラングリッツレザーの「棒TALON」の画像

画像引用元サイト:80’s LANGLITZ LEATHERS ゴートスキン レザー フライトジャケット

1980年代のラングリッツレザーの「ポケット裏」の画像

画像引用元サイト:80’s LANGLITZ LEATHERS ゴートスキン レザー フライトジャケット

1980年代頃に見られる「棒TALON」。

あまり数を見たことがありませんが、上記画像のように「1987」のスタンプが入っているものがあるので80年代頃として紹介させていただきました。

この章の冒頭で「白タグ」は1957年から1984年と紹介させていただきましたが、画像のように「白タグ」でも1987年のものがあります。おそらく移行期のものかと思いますが、タグだけで決めずにポケット裏なども確認することをおすすめします。

「素材から年代を判別する」

タグが取れていて、ジッパーも破損している絶望的な状況での年代判別に役立つのが「素材」。

実は、素材から年代を絞ることが出来ます。

しかし、かなりマニアックな内容になっておりますので、興味がない方はこの章は飛ばしてくださいませ。

素材は、大きく分けて下記の2種類です。

  • 1950年代:ホースハイド
  • 1960年代以降:カウハイド

「馬」の革か「牛」の革かの違いで、レザーに詳しい人なら触ればすぐにわかると思います。

さらに、60年代から80年代にかけてはレザーの質感によって下記のように大体の年代判別を行うことが出来ます。

  • 1960年代:茶芯
  • 1970年代:革の表面が白っぽくなる
  • 1980年代:重厚感のある生地

あくまでその年代に多い仕様なので正確に年代に特定することは難しいですが、大体の年代判別を行うことが出来るので参考にしていただけたら幸いです。

「白タグ」は1957年~1984年
長期間使用されていたため「ポケット裏」「ジッパー」「素材」などから年代判別する必要あり

1985年〜 「白タグ(U.S.A.表記)」

1985年以降のラングリッツレザーの「白タグ(U.S.A.表記)」の画像

画像引用元サイト:80年代 Langlitz Leathers ラングリッツ コロンビア ダブルライダースジャケット メンズM~L相当 古着 レザージャケット 革ジャン アメジャン 80s ヴィンテージ ビンテージ ブラック 黒【ミリタリージャケット】【VTG】

1985年以降は、タグの下に「U.S.A.」表記が追加されます。

白タグで「U.S.A.」表記が付くのはこのタグのみなので、すぐに1985年以降のものだと判別可能です。

「白タグ」の下に「U.S.A.」表記が追加されるのは1985年以降

まとめ

いかがでしたか?

このブランドのタグは本当に見る機会が少ないですよね。

もし見かけたら、タグだけでなく、ここで紹介した他のディテールもあわせて年代判別を行っていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました