Hilton(ヒルトン)のタグで年代を判別する方法

Hilton(ヒルトン)のタグで年代を判別する方法のメイン画像 ファッション

1956年にアメリカのイリノイ州で誕生した「Hilton」。

「ヒルトンボウリングシャツカンパニー」によって設立されたブランドで、ボウリングシャツと言えば「King Louie」と並んで真っ先に思い浮かぶブランドの一つですよね。

そこで、この記事では、そんなHiltonのタグで年代を判別する方法を紹介します。

同じくボウリングシャツで有名な「King Louie」のタグで年代判別を行う方法を知りたい方は、下記の記事をあわせてご確認くださいませ。

1950年代 「初期タグ」

1950年代のヒルトンの「初期タグ」の画像

画像引用元サイト:1950s “HILTON” BOWLING SHIRTS

1956年のブランド設立後から見られる希少な「初期タグ」。

ボーリングピン一本ずつに「H」「I」「L」「T」「O」「N」とブランド名がデザインされるのが特徴です。

また、その下には「CHICAGO」と記載されます。

ボーリングピンの一本ずつに「H」「I」「L」「T」「O」「N」と記載されるタグは1950年代

1950年代後半〜1960年代初期 「黒タグ初期」

1950年代後半から1960年代初期のヒルトンの「黒タグ初期」の画像

画像引用元サイト:50s Hiltonヒルトン チェーン刺繍 レーヨン ボウリングシャツ 緑 L

1950年代後半頃から1960年代初期頃に見られる「黒タグ初期」。

白いタグですが、黒い刺繍で下記の内容がデザインされていることから通称「黒タグ」と呼ばれています。

  • Hilton
  • SINGLE NEEDLE
  • SLEEVE
  • サイズ表記

「SINGLE NEEDLE」表記がポイントで、この表記があるものは1950年代から1960年代に見られます。

ただし、補足として下記のような青刺繍のタグもあります。

1950年代後半から1960年代初期のヒルトンの「青タグ」の画像

画像引用元サイト:古着 レディース シャツ 50~60s Hilton 貴重 黒!! ワッペン付 チェーン刺繍 ブラック 32 S位 半袖 ボーリング シャツ 古着

このタグは、レディースの服に付くタグです。

このタグも「SINGLE NEEDLE」表記が入るので、黒タグではありませんが同年代のものだと推測することが出来ます。

1960年代 「黒タグ(MADE IN U.S.A.表記)」

1960年代のヒルトンの「黒タグ(MADE IN U.S.A.表記)」の画像

画像引用元サイト:60s USA製 Hiltonヒルトン チェーン刺繍 レーヨン ボウリングシャツ 黄 M

1960年代には、タグに記載される情報が一気に増えます。

下記がタグに記載される内容です。

  • Hilton
  • SINGLE NEEDLE
  • SLEEVE
  • サイズ表記
  • DO NOT BLEACH
  • MADE IN U.S.A.

このようにかなり情報量が多いですよね。

この中で注目すべきが「MADE IN U.S.A.」表記です。この表記が入り出すのが60年代頃からなので、最低限それだけでも覚えておきましょう。

タグに「SINGLE NEEDLE」表記が入るのは1950年代から1960年代
「MADE IN U.S.A.」表記が入り出すのが1960年代

1970年代 「青タグ」

「PERMANENT PRESSタグ(赤文字)」

1960年代から1970年代のヒルトンの「青タグ(PERMANENT PRESS赤文字)」の画像

画像引用元サイト:60’s Hilton ボーリングシャツ

1970年代頃になると、今まで「黒色」でデザインされていた文字が、「青色」に変更します。

そのため、このタグを通称「青タグ」と呼びます。

青タグの中でもここで紹介するタグは、「PERMANENT PRESS表記」が入るパータンです。

タグには、下記の内容が記載されます。

  • Hilton
  • DO NOT BLEACH
  • サイズ表記
  • PERMANENT PRESS

なお、このタグのように「PERMANENT PRESS表記」が赤色でデザインされるタグは初期のものです。

そのため、60年代に見られることもあります。

「PERMANENT PRESSタグ」

1970年代のヒルトンの「青タグ(PERMANENT PRESS)」の画像

画像引用元サイト:USA製 70’s HILTON ヒルトン ヴィンテージ ボーリングシャツ

こちらも70年代に見られる「PERMANENT PRESSタグ」。

しかし、このタグは先ほど紹介したタグと異なり、全て青文字で下記の内容が記載されます。

  • Hilton
  • DO NOT BLEACH
  • サイズ表記
  • PERMANENT PRESS
  • MACHINE WASH・WARM WATER・TUMBLE
  • DRY,MEDIUM HEAT.REMOVE PROWPTY.
タグに「PERMANENT PRESS」表記が入るのは1970年代

「CARE INST.OVERタグ」

1970年代のヒルトンの「青タグ(CARE INST.OVER)」の画像

画像引用元サイト:古着 レディース シャツ 70s USA製 Hilton ヒルトン 刺しゅう ワッペン ボーリング シャツ 黒 36 古着

「PERMANENT PRESS」表記が入らないこの「青タグ」も70年代に見られます。

このタグは、下記の内容が入ります。

  • Hilton
  • 100% POLYESTER
  • サイズ表記
  • MADE IN U.S.A.
  • CARE INST.OVER

【補足】1970年代 「ARISTO JAC BY Hiltonタグ」

【補足】1970年代のヒルトンの「青タグ(ARISTO JAC BY Hilton)」の画像

画像引用元サイト:70s USA製 Hiltonヒルトン バイク チェーン刺繍 ナイロンジャケット L

こちらは、「ARISTO JAC」とのコラボタグです。

このタグも70年代に見られます。

黒地のタグに下記の内容が刺繍でデザインされます。

  • ARISTO
  • JAC
  • BY
  • Hilton
  • MADE IN U.S.A.
  • サイズ表記
  • CARE INST.OVER
タグに「CARE INST.OVER」表記が入るのは1970年代

1980年代 「紺タグ」

1980年代のヒルトンの「紺タグ」の画像

画像引用元サイト:ボーリングシャツ/USA製/80s/ブロックロゴ紺タグ/古着/L/ヴィンテージ/BLU

1980年代に見られる「紺タグ」。

その名の通り、紺地のタグが使用され、そこに下記の内容が様々な色で記載されます。

  • HILTON(黄色)
  • ACTIVE APPAREL(赤色)
  • MADE IN THE U.S.A.(緑色)
  • サイズ表記(赤色)

また、この頃からブランド名が全て大文字のブロック体で「HILTON」と記載されるのが特徴です。

紺色のタグでブランド名がブロック体でデザインされるのは1980年代

1990年代 「黒タグ」

1990年代のヒルトンの「黒タグ」の画像

画像引用元サイト:90s USA製 HILTON ナイロンジャケット 白 Lサイズ コーチジャケット 古着 ヴィンテージ tylan 企業系

1990年代頃になるとタグが「紺色」から「黒色」に変更します。

そして、タグに下記の内容が記載されます。

  • HILTON
  • ACTIVE APPAREL
  • MADE IN U.S.A.
  • サイズ表記

この頃になると、黒地に「赤」と「白」のみでデザインされるのが特徴です。

黒色のタグでブランド名がブロック体でデザインされるのは1990年代

まとめ

いかがでしたか?

この記事と「King Louie」の記事を読めば、ボーリングシャツの年代判別はほとんど網羅出来るのではないでしょうか?

ぜひ、この記事を参考に年代判別をしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました