GAP(ギャップ)のタグで年代を判別する方法

GAP(ギャップ)のタグで年代を判別する方法のメイン画像 ファッション

1969年にアメリカのサンフランシスコで誕生したブランド「GAP」。

創設者のドン&ドリス・フィッシャー夫妻がジェネレーションギャップについて話していたときに思い付いたのがブランド名の由来だと言われています。

そんなGAPですが、低価格というイメージがありませんか?

しかし、近年の90年代ブームにより、「オールドギャップ」の人気が再燃していて古着屋さんでは結構高い値段が付いていることもあります。

そこで、この記事ではGAPのタグで年代を判別する方法を紹介します。

1974年~1970年代 「初期タグ」

1974年~1970年代のGAPの「初期タグ」の画像

画像引用元サイト:US ビンテージ 色落ち良好 オーバーオール 70s gap ストア系 デニム 細身

公式サイトによると、1974年に上記の初期タグが付いたと記載されています。

しかし、冒頭で1969年に設立したと紹介していたので69年からではないのかと思われている方もいるのではないでしょうか?

実は、GAPはそれまで自社の商品ではなく、Levi’sのデニムとレコードテープのみを販売していました。

そのため、初めてGAPのタグが付いた商品がここで紹介したものなのです。

この当時は、今と異なりブランド名が全て小文字でデザインされているのが特徴です。

1978年~1980年代 「Pioneerタグ」

1978年~1980年代のGAPの「Pioneerタグ」の画像

画像引用元サイト:Gap cropped high waisted jeans with slight flare. Vintage from the 1970s. Back pockets have been removed. Fits up to 29” waist. Rise is 12”, hips are 38”, inseam is 26”. Shipping $7.50.

GAPは、1978年からジーンズやコーデュロイを展開する独自のライン「Gap Fashion Pioneers」が始まります。

その製品に付くのがこのタグです。

この頃も引き続きブランド名は全て小文字表記ですが、タグに馬車がデザインされるようになります。

下記のようなデザインが異なるタグもありますが、このタグは80年代頃によく見られます。

1980年代のGAPの「Pioneerタグ」の画像

画像引用元サイト:80’s GAP デニムボアJKT ヒゲ! 表記(34)

1980年代

「Gapタグ」

1980年代のGAPの「Gap Clothing Coタグ」の画像

画像引用元サイト:80’s GAP ポケット付ボーダー柄コットンニット [KN-076]

1980年代のGAPの「Gapタグ」の画像

画像引用元サイト:80’s [Old GAP] cotton stripe shirt

80年代頃には、「Gap」の「G」だけ大文字で「ap」が小文字のデザインが登場します。

「旧タグ」

1980年代のGAPの「旧タグ」の画像

画像引用元サイト:古着 ジャケット 80s USA製 GAP 裏地 総柄 ハンド ポケット付 デニム ジャケット Gジャン S 古着

紺地に白刺繍で円を書いたようなデザインのタグも80年代頃に見られます。

タグには、上から次の内容が記載されています。

  • 100%AUTHENTIC
  • GAP
  • GUARANTEED FIT

注目すべきはブランド名で、この頃から表記が全て大文字に変更しています。

「GAP SPORTタグ」

1980年代のGAPの「GAP SPORTタグ」の画像

画像引用元サイト:80s USA製 GAP SPORT ギャップ 無地 コットン ポケットTシャツ 紺 M

こちらは、GAPの定番商品「ポケットTシャツ」に付くタグです。

白地の一枚タグに「GAP SPORT」とプリントされた非常にシンプルなデザインです。

ちなみに、GAPのポケTは1985年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でマイケル・J・フォックスが着ていました。

1980年代~1990年代 「白タグ」

1980年代から1990年代のGAPの「白タグ」の画像

画像引用元サイト:90Sビンテージ OLD GAP ギャップ 白 コットン BDシャツ ビッグシルエット ボタンダウン シャツ 90年代 オリジナル オールド 旧タグ 古着

80年代から90年代頃のものだと言われている「白タグ」。

白地に大きくブランド名の「GAP」がデザインされ、別に小さいタグが付き、そこに「サイズ」「素材」「生産国」などが記載されます。

また、Tシャツには、下記のタグが付きます。

1990年代のGAPの「白タグ」の画像

画像引用元サイト:90’s GAP USA製 レンガカラー ポケットTシャツ [XL]

このタグは、90年代頃に見られます。

【補足】1980年代~1990年代 「銀タグ」

1980年代から1990年代のGAPの「銀タグ」の画像

画像引用元サイト:80’s~ 旧タグ GAP コットンニット ネイビー アクリル [ギャップ]

あまり見たことがないですが、銀色で同じデザインのタグもあります。

こちらも80年代から90年代頃のものだと思われます。

ちなみに、スウェットには下記のタグが付きます。

1980年代から1990年代のGAPの「銀タグ」のスウェットの画像

画像引用元サイト:deadstock!! 80s〜90s GAP front V sweat

1988年~1990年代 「紺タグ」

1988年~1990年代のGAPの「紺タグ」の画像

画像引用元サイト:[GAP] 80’s~90’s 旧タグ ギャップ ボーダー Tシャツ 鹿の子素材 メール便可

白タグと同様のデザインで、「紺タグ」もあります。

公式サイトによると、1988年から使用され始めましたが、一般的には90年代頃のものとして紹介していることが多いです。

【補足】1990年代 「OUT OF DOORSタグ」

【補足】1990年代のGAPの「OUT OF DOORSタグ」の画像

画像引用元サイト:90s GAPギャップ ネルライナー コットン ハンティングジャケット グリーングレー S

マイナーですが、ハンティングなどのアウトドア系の服に付く「OUT OF DOORS」と書かれたタグは90年代頃に見られます。

まとめ

いかがでしたか?

オールドギャップは、配色やデザインが良いものが多いです。

この機会に集めてみるのはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました