Championのタグで年代を見分ける方法【Tシャツ編】

Championのタグで製造年代を見分ける方法【Tシャツ編】のメイン画像 ファッション

幅広い年代から愛されるブランドの「Champion」。

古着屋に行くと必ずと言っていいほど、お店に置いていますよね。

いつかはタグを見てどの年代の商品かを見分けることが出来るようになったらカッコ良いですよね。

そこで、この記事では、Championのタグから製造年代を判断する方法を紹介いたします。

※各年代については、参考としてお考えください。
※タグの写真がTシャツ以外のモノもございますので、参考としていただければと思います。

1936年〜1937年「デカランタグ最初期」

最初期タグには、2種類あります。

まず、ご紹介するのが、

「WHEN SHIRTS ARE LETTERED SET COLORS IN SALT WATER WASH SEPARATELY AND CAREFULLY」

と書かれたタグです。

簡単に訳すると、「色がついた商品とは分けて塩水で洗ってください」と書いています。なぜなら、塩水で洗うことで色落ちがしにくくなるからです。

このタグの左側にランナーがゴールテープを切っているデザインが描かれています。これが俗に言う「ランナーズタグ(略してランタグ)」です。また、タグが現行モデルに比べると大きいので、通称「デカランタグ」と呼ばれます。

1936年〜1937年「デカランタグ最初期」のイメージ画像1

画像引用元サイト:Instagub

次に紹介するタグは、

「SET COLORS IN SALT WATER WASH SEPARATELY AND CAREFULLY」

と書かれたタグで、先ほど紹介したタグとほぼ同年代ではないかと言われています。

こちらは、「WHEN SHIRTS ARE LETTERED」の文字が省略され、サイズの詳細も書かれていません。

1936年〜1937年「デカランタグ最初期」のイメージ画像2

画像引用元サイト:1940’s~ CHAMPION “ PRETTY RUNNERS LABEL ” (プリティーランタグ) / “ W ” FACE FOODIE

1938年〜1940年「デカランタグ初期」

サイズが詳しく明記されるようになります。

1938年〜1940年「デカランタグ初期」のイメージ画像
PENTAX DIGITAL CAMERA

画像引用元サイト:1940’S Champion Shorts (ランナーズタグ)!!

1940年〜1947年「デカランタグ中期」

この時代になると、「SET COLORS IN SALT WATER WASH SEPARATELY AND CAREFULLY」の表記が消えます。

そして、タグの下部に

  • NAME:名前
  • ADDRESS:住所

を記入する欄が増えます。

1940年〜1947年「デカランタグ中期」のイメージ画像

画像引用元サイト:~40’sチャンピオン デカランタグ初期 フロッキートリムT

1947年〜1950年「デカランタグ後期」

「ADDRESS」欄がなくなり、「NAME欄」のみとなります。

また、それに加えて、

  • CHAMPIONのフォントと文字色の変更
  • ランナーのデザインの色が反転

されます。

1947年〜1950年「デカランタグ後期」のイメージ画像

画像引用元サイト:40’s Champion 3連染み込み デカランチャン デカランタグ

1950年「小文字デカランタグ」

この時期になると、「CHAMPION」から「Champion」へと小文字に変更されます。

このタグは、あまり見たことがなく情報もあまり見つかりませんでした。

ただ、現行のタグに比べて大きく、ブランド名が小文字なので、ここでは「小文字デカランタグ」とさせていただきました。

1950年「小文字デカランタグ」のイメージ画像

画像引用元サイト:【SAFARI 吉祥寺なない橋店】 CHAMPION デカランタグT!!

1951年〜1961年「小文字ランタグ」

ブランド名が小文字でデザインされていることから、通称「小文字ランタグ」と呼ばれます。

1951年〜1961年「小文字ランタグ」のイメージ画像

画像引用元サイト:50s Championチャンピオン ランタグ DAY CAMP 染み込みプリント Tシャツ 白 XL

1961年〜1963年「大文字ランタグ前期」

ブランド名が、大文字に戻り、通称「大文字ランタグ」と呼ばれます。

前期のタグは、

  • CHAMPIONのロゴが一番上
  • 100% COTTON(素材表記)が真ん中
  • サイズ表記が一番下

にデザインされるのが特徴です。

1961年〜1963年「大文字ランタグ前期」のイメージ画像

画像引用元サイト:k7z 50’sVintageチャンピオンChampionランタグスウェット

1963年〜1965年「大文字ランタグ後期」

後期になると、素材とサイズ表記の後に「CHAMPION」のロゴがデザインされるようになります。

1963年〜1965年「大文字ランタグ後期」のイメージ画像

画像引用元サイト:60’s Champion ランタグ “Theta Gamma” フロッキープリントリンガーTシャツ [53959]

1965年〜1967年「ランナーズ in Cタグ」

このタグは、ランナーが「C」の中にデザインされていることから、通称「ランナーズ in Cタグ」と呼ばれます。

中には、「C中ランタグ」と呼ぶ方もいます。

そして、この年代になると、これまでよくデザインされていた「ROCHESTER. NY.」の代わりに「RN26094」が記載されます。

1965年〜1967年「ランナーズ in Cタグ」のイメージ画像

画像引用元サイト:Champion (チャンピオン) 60’s カレッジプリントTシャツ(ランタグ) イエロー M 【K1537】ヴィンテージ

1967年〜1971年「プロダクツタグ」

このタグから社名が「CHAMPION KNITWEAR CO. INC.」から「CHAMPION PRODUCTS INC」に変更されます。

そのため、この年代のタグを「プロダクツタグ」と呼ばれます。

また、赤文字でデザインされたタグもあります。

1967年〜1971年「プロダクツタグ」のイメージ画像

画像引用元サイト:【10周年イベント】VINTAGE Tシャツ

1971年「バータグ初期」

タグにバーが表示されたデザインから通称「バータグ」と呼ばれます。

その中でも、ここで紹介するタグは、

  • バー
  • サイズ表記

しか記載がないため初期デザインです。

素材は、別タグに記載されていますが、もろくて切れてしまっていることが多いです。ちなみに、素材は次の2パターンあります。

  1. コットン100%
  2. コットン:90%,レーヨン:10%

ちなみに、このバータグ初期が、後の88/12のルーツになったと言われています。88/12については、次項で説明します。

1971年「バータグ初期」のイメージ画像

画像引用元サイト:チャンピオン/バータグスウェット/L/コットン/GRN

1971年〜1973年「バータグ中期」

中期になると、サイズ表記の下に「素材表記」が記載されるようになります。

そして、種類は、下記の2パターンがあります。

  1. コットン:100%
  2. コットン:88%,レーヨン:12%

特に、2つ目の

  • コットン:88%
  • レーヨン:12%

は、先ほど出てきた88/12で、数あるCHAMPIONの服の中でもこの素材の着心地が群を抜いて良いため、非常に人気が高い商品です。

通称「88ボディー」とも呼ばれています。

1971年〜1973年「バータグ中期」のイメージ画像1

画像引用元サイト:70’s PRINT T-SHIRT CHAMPION チャンピオン 染込み プリント リンガー Tシャツ バータグ コットン カレッジ ホワイト パープル M ヴィンテージ  ビンテージ 古着 vintage 40’s 50’s 60’s 70’s 70年代 US古着 通販 岡山

1971年〜1973年「バータグ中期」のイメージ画像2

画像引用元サイト:70’s ビンテージ■USA製CHAMPIONチャンピオン 染込みカレッジプリント リンガーTシャツ青杢(XL)88/12 バータグ

1973年〜1982年「バータグ後期」

後期になると、サイズ表記の下に「FOR CARE SEE REVERSE」が記載されるようになります。

1973年〜1982年「バータグ後期」のイメージ画像1

画像引用元サイト:メンズ古着Tシャツ70年代チャンピオンChampionブルーバータグリバーシブル(ダブルフェイス)Tシャツ

1973年〜1982年「バータグ後期」のイメージ画像2

画像引用元サイト:70’s Champion “YALE” 染み込みプリントTシャツ [46036]

1982年〜1985年「トリコタグ前期」

この年代から、タグに

のトリコロールカラーが使用されるようになります。

そのため、通称「トリコタグ」と呼ばれます。

前期は、裏面に、「MADE IN U.S.A.-RN26094」が記載されるのが特徴です。

1982年〜1985年「トリコタグ前期」のイメージ画像1

画像引用元サイト:Champion【熊本店】

1982年〜1985年「トリコタグ前期」のイメージ画像2

画像引用元サイト:Champion【熊本店】

1985年〜1988年「トリコタグ後期」

後期は、裏面に記載されていた「MADE IN U.S.A.-RN26094」が前面に移動します。

また、素材は、下記の2種類があります。

  1. コットン:100%
  2. コットン:88%,レーヨン:12%
1985年〜1988年「トリコタグ後期」のイメージ画像1

画像引用元サイト:1980’s チャンピオン トリコタグ カレッジTシャツ [JVTS-068]

1985年〜1988年「トリコタグ後期」のイメージ画像2

画像引用元サイト:ヴィンテージ古着GOODYEARチャンピオンChampionトリコタグTシャツ88コットンボディUSA製

1983年〜1985年頃「青刺繍タグ前期」

タグが青い刺繍でデザインされているので、「青刺繍タグ」と呼ばれています。

タグの裏面に、「IT TAKES A LITTLE TO MAKE A CHAMPION TM RN 26094」と記載されているのが特徴です。

また、素材表記タグが青刺繍タグの裏側に別で付いています。(※2枚目の写真の画像をご参考ください。)

1983年〜1985年頃「青刺繍タグ前期」のイメージ画像1

画像引用元サイト:90’s 青刺繍タグ チャンピオン 連ロゴ 霜降りTシャツ 表記(M) USA製

1983年〜1985年頃「青刺繍タグ前期」のイメージ画像2

画像引用元サイト:80’s Champion W-FACE スウェット “目付き・青タグ” [sp-674]

1990年代「青刺繍タグ後期」

後期になると、「CARE ON REVERSE」が追加されます。そして、裏面には、びっしりと文字が記載されます。

1990年代「青刺繍タグ後期」のイメージ画像1

画像引用元サイト:80’s トリコタグ 90’s 青刺繍タグ CHAMPION チャンピオン ブラッグ ロゴTシャツ

1990年代「青刺繍タグ後期」のイメージ画像2

画像引用元サイト:スウェット/L/コットン/GRY/ロゴ/青刺繍タグ/90年代

まとめ

いかがでしたか?

これで、これからCHAMPIONのTシャツを購入する時に今まで以上に楽しくなりますね。

大人気のリバースウィーブの年代の見分け方の記事も書いているので、興味がある方は、あわせてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました